[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

なぜ、大企業を辞めて米国へ 異端のアマ選手2人が「もったいない」と言われた選択

アマチュア球界で異端の道を歩んだ2人の25歳がいる。内田聖人と谷田成吾。内田は早実、早大で甲子園出場、大学日本一、谷田は慶応から慶大で世代別日本代表など、輝かしい実績を持つ。社会人野球の名門・JX-ENEOSではチームメートとして都市対抗出場を目指し、汗を流した。

対談では自身の進路選択について語った谷田成吾(左)と内田聖人【写真:編集部】
対談では自身の進路選択について語った谷田成吾(左)と内田聖人【写真:編集部】

「内田聖人&谷田成吾対談第1回」―安定を捨てて海外挑戦した背景にある思い

 アマチュア球界で異端の道を歩んだ2人の25歳がいる。内田聖人と谷田成吾。内田は早実、早大で甲子園出場、大学日本一、谷田は慶応から慶大で世代別日本代表など、輝かしい実績を持つ。社会人野球の名門・JX-ENEOSではチームメートとして都市対抗出場を目指し、汗を流した。そんな2人は昨年から今年にかけ、人生をかけたチャレンジに挑み、大きなターニングポイントを迎えた。

【第2回】「レールを外れる」という選択 米国挑戦した早慶出身の2人はどう周囲の理解を得たか

【第3回】なぜ、エリートが生まれる? 野球部で過ごした2人が思う「早慶の体育会」の強さ

【第4回】早慶戦は格別?やっぱり就職に強い? OB2人の本音「早慶の体育会」で良かったこと

 内田は故障の影響で17年限りで社会人を戦力外になって以降、野球の道を捨てず、天然ガスの営業マンとして社業に勤しむ一方、個人でトレーニングに励んだ。結果、自身でも驚くような復調を遂げ、今年2月から1か月、米国に渡り、トライアウトに挑戦。米強豪独立リーグと契約を勝ち取り、会社を退社して今月から米国に渡る。最大の目標は、MLBもしくはNPBで成り上がることだ。

「由伸2世」の異名で知られた谷田は昨年3月にJX-ENEOSを退社。MLBトライアウトに挑戦し、複数のメジャー球団から声がかかり、テストを受けた。惜しくも契約はならなかったが、以降は日本で四国IL徳島でプレー。NPBドラフトを目指したが、指名は叶わず。25歳で潔く現役引退を決断。今年1月から六本木のIT企業に入社し、ビジネスの世界で成功を目指して第二の人生をスタートさせた。

 異色の2人が語り合うと面白いのでは? そんな経緯から、このほど対談。米国挑戦の背景から2人が育った早慶野球部の秘話、現在のアマ野球界に思うことまで本音で語り合った。最初のテーマは「米国挑戦」。前編となる第1回は、なぜ安定を捨てて海を渡るという選択をしたのか。「もったいない」と言われながら貫いた挑戦の思いとは――。次世代が進路を選択するヒントを探る。

 ◇ ◇ ◇

――そもそも2人の出会いはいつだったのか。互いの印象は。

内田「中学時代に対戦したよね。2年の冬だったかな、自分の地元の伊東で。2本くらい打たれたよ」

谷田「ああ、行ったね。俺、投手で投げたよね?(笑)」

内田「そうそう。オレ、打ったもん。でも、打たれたのは中学で初めてくらい。その相手が谷田。『凄いバッターがいる』と聞いてはいたけど、本当だった。高校では夏の大会前に早実と慶応の定期戦があったけど、高校では打たれたくなかった」

谷田「打てなかったね、高校は。だけど、大学では一番いいタイミング、場面で打てた。3年春の早慶戦が優勝決定戦になって、同点の2死走者なしでレフトスタンドに打った。だけど、球の質がいい。直球が『ドンッ』って来る感じ」

内田「ENEOSで最後の方に状態が良くなった時、一緒に練習していた。僕が投げて谷田が打つ。谷田も打つ練習がしたかったので」

谷田「自分も2年目にレギュラーを外されていた時期が長かったので、実戦で打席に立てない。内田も投げる機会がない。じゃあ、2人で練習するかと」

内田「その時も結構打たれたね。でも、その時に打者をイメージして投げて、だんだんといい球が投げるようになったかな」

1 2 3
インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集