[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「なぜ東大から独立リーグへ?」 大学通算1安打、高橋佑太郎の消えなかった野球愛

大学野球・東京六大学リーグの東大から、四国アイランドリーグplusの高知ファイティングドッグスに選手として入団することが決まった高橋佑太郎内野手(4年)が「THE ANSWER」のインタビューに応じた。情熱に溢れる22歳。自問自答した末に独立リーグ挑戦という進路を選ぶまでの経緯と、野球への愛を語ってくれた。(取材・文=THE ANSWER編集部・宮内 宏哉)

東大・高橋佑太郎内野手が独立リーグ挑戦の経緯と野球への愛を語ってくれた【写真:東大野球部提供】
東大・高橋佑太郎内野手が独立リーグ挑戦の経緯と野球への愛を語ってくれた【写真:東大野球部提供】

ハングリー精神求められる独立リーグへ異例の挑戦「シンプルに野球が好き」

 大学野球・東京六大学リーグの東大から、四国アイランドリーグplusの高知ファイティングドッグスに選手として入団することが決まった高橋佑太郎内野手(4年)が「THE ANSWER」のインタビューに応じた。情熱に溢れる22歳。自問自答した末に独立リーグ挑戦という進路を選ぶまでの経緯と、野球への愛を語ってくれた。(取材・文=THE ANSWER編集部・宮内 宏哉)

 ◇ ◇ ◇

 在籍4年でリーグ戦出場は9試合、通算安打も1本のみ。それでも高いレベルで野球を続たい――。愛と情熱はいつまでも消えなかった。独立リーグに挑戦する意図を明かしてくれた高橋の表情は、希望に満ちていた。

「野球をやりきるということで、後悔したくないんです。独立なら、野球にすべてのリソースを割けますし、どこまでできるか試してみたいという思いがありました。シンプルに野球が好きなので、本当に楽しみです」

 独立リーグには月収15万円前後の選手も珍しくなく、練習の合間にアルバイトをするケースもある。高橋の場合、望めば一流企業に入社できる可能性もあっただろう。ただ、4年生になる頃には独立リーグへの挑戦を志していた。

 振り返れば大学選びも、野球を重視していた。私立武蔵高では1年夏から三塁のレギュラー。進学校ながら、15年夏の西東京大会ではベスト16まで勝ち進んだ。ただ、東京の球児の憧れでもある、神宮球場でプレーすることは目前で叶わなかった。高校野球では最後のチャンスだった3年夏も、ベスト32で終わった。

「神宮でやりたいという思いがありましたし、高いレベルでできるので漠然と『東大いいな』と高校入学の頃から思っていて、高3で明確に目指そうと思いました。周囲も東大を志す人が多かったので、自然と目指せる環境にいたのも大きいです」。

 燃え上がった“聖地”への思いもエネルギーに、見事に現役で合格。単位を取れば卒論がない経済学部を選んだのも、野球の練習時間を確保するためというこだわりぶりだった。

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集