[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

東京―福島の遠隔指導で全国大会出場者も プロテニス選手の指導で何が変わったか

公益財団法人東日本大震災復興支援財団は、東北の子供たちを対象に、アスリートやプロの指導者が1年間指導する機会を提供する「東北『夢』応援プログラム」を立ち上げ、日本の未来を担う子供たちへの支援を続けている。2019年12月26日。福島・いわき市で地元の小・中学生12人に熱血指導を展開したのは、プロテニス選手の綿貫敬介(明治安田生命)だった。そして、このプログラムをきっかけに、全国の舞台に羽ばたいた逸材も登場した。

「東北『夢』応援プログラム」で綿貫敬介(中央)は、地元の子供たちに熱血指導【写真:編集部】
「東北『夢』応援プログラム」で綿貫敬介(中央)は、地元の子供たちに熱血指導【写真:編集部】

東北「夢」応援プログラム―現役プロの綿貫がいわき市を訪れ熱血指導

 公益財団法人東日本大震災復興支援財団は、東北の子供たちを対象に、アスリートやプロの指導者が1年間指導する機会を提供する「東北『夢』応援プログラム」を立ち上げ、日本の未来を担う子供たちへの支援を続けている。2019年12月26日。福島・いわき市で地元の小・中学生12人に熱血指導を展開したのは、プロテニス選手の綿貫敬介(明治安田生命)だった。そして、このプログラムをきっかけに、全国の舞台に羽ばたいた逸材も登場した。

【特集】「ラグビー文化を根付かせたい」 日本代表の若きキーマンが語る憧れの舞台/ ラグビー・姫野和樹インタビュー(GROWINGへ)

「久しぶりに会いましたが、みんな遠隔指導を通じて、成長していました。今日の直接指導でも成長のヒントを見出してくれたと思います」

 綿貫は2017年から東北「夢」応援プログラムに賛同。夢応援マイスターとして、遠隔指導ツールのスマートコーチを活用し、被災地の子供たちに指導してきた。

若きテニスプレイヤーの課題克服に一緒に取り組んだ【写真:編集部】
若きテニスプレイヤーの課題克服に一緒に取り組んだ【写真:編集部】

 この日のテーマはサービスとストローク。室内コート2面で3時間、自ら球出しをしながらのマンツーマン指導と、隣のコートではサーブ練習を展開。若きテニスプレイヤーの課題克服に一緒に取り組んだ。

 このプログラムに参加している中学2年の志賀亜希奈さんは8月、福島県代表として全国中学選手権に出場。東北「夢」応援プログラムで成長し、全国大会に羽ばたいた実力者だ。

「綿貫プロにマンツーマンで指導していただいて良かった。自分の中でどう練習をしていけばいいのか、という悩みがあった。ボールにいかに力を伝えるかという部分で、これまではアドバイスをもらっても、実際の感覚が分からなかった。そこが良かった」

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集