[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

空手世界王者・西村拳が考える「心・技・体」のバランス「精神も大事。でも…」

西村は「最終的に指導者になりたい」と語った【写真:松橋晶子】
西村は「最終的に指導者になりたい」と語った【写真:松橋晶子】

「世界を旅しながらいろいろな国の選手と交流して指導したり、セミナーを開いたりしたい」

「経験を積んでから、最終的に指導者になりたいと思っています。いつか分からないですけど、現役を引退した後は、世界を旅しながらいろいろな国の選手と交流して指導したり、セミナーを開いたりしたい。自分は若くて経験がないので、引退してすぐに指導者になっても技術しか教えられない。ただ、空手は礼儀作法だったり、人間形成だったり、そういった部分も大事になるので、自分はまだまだ教えられる器ではありません」

 武道でもある空手では「心・技・体」の三位一体が重んじられる。「道」を極める武道で最も大切なことは「心(=精神)」と考える向きも多いが、西村は「3つ揃って初めて生きる」と考えている。

「精神も大事です。でも、技術面も体力面も充実しているから、精神面が落ち着くこともある。自分の体はしっかり当たり負けをしない、技術は誰にも負けないとなれば、自然と自信が生まれる。逆に、精神が強くても、技術や体が追いつかなければ、単なる勘違いだと思うんです。だからこそ、3つ揃って初めて生きる。ただ、試合で最後の最後にはメンタルが大事になることもあります。残り20秒、10秒で体力が切れてしんどい、本当にヤバイってなった時に、もう一歩の踏ん張りが利くかどうかは精神の部分。技術があってもへこたれてしまったら、やられてしまいますから」

 今まさに、世界を代表する猛者たちとの戦いの真っ只中に身を置くからこそ、「心・技・体」のいずれも欠くことができないと痛感している。西村が世界トップと鎬を削りながら、さらに高みを極めようと繰り返す試行錯誤や、東京オリンピックで金メダルを目指す挑戦は、いつの日か指導者になった時、次世代の子ども達に還元されていくはずだ。

(インタビューは3日連続掲載、最終回の明日28日は西村とアガイエフのライバル関係)

(THE ANSWER編集部・佐藤 直子 / Naoko Sato)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集