[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

プロテニス選手が福島で説いた、もう一歩頑張る練習「諦めることなく今できる全力を」

プロテニスプレーヤーの綿貫敬介(明治安田生命)が21日、福島県いわき市のテニスコート「ア・パース スタジアム」で行われた東北「夢」応援プログラムの「夢宣言イベント」に参加した。小学3年生から中学3年生まで少年少女14人を対象に約2時間のクリニックを開催。子供たちとの対面を楽しみにしていた綿貫はこの日、「試合で緊張したり、プレッシャーを感じる中で、もう一歩頑張るための練習」を伝えた。

綿貫が福島の子供たちに指導、最後は集合写真【写真:村上正広】
綿貫が福島の子供たちに指導、最後は集合写真【写真:村上正広】

現役プロの綿貫敬介が福島・いわきの子供たちを熱血指導

 プロテニスプレーヤーの綿貫敬介(明治安田生命)が21日、福島県いわき市のテニスコート「ア・パース スタジアム」で行われた東北「夢」応援プログラムの「夢宣言イベント」に参加した。小学3年生から中学3年生まで少年少女14人を対象に約2時間のクリニックを開催。子供たちとの対面を楽しみにしていた綿貫はこの日、「試合で緊張したり、プレッシャーを感じる中で、もう一歩頑張るための練習」を伝えた。

 公益財団法人東日本大震災復興支援財団が立ち上げた東北「夢」応援プログラムは、東日本大震災で被災した東北の子供たちが抱く夢や目標を、年間を通して応援するプログラムだ。2017年から「夢応援マイスター」として同地の子供たちとテニスを通じて交流してきた綿貫が登場すると、子供たちの顔に大きな笑みが広がった。

 福島代表として全国大会に出場する子供たちが参加するなど、技術的な基礎が出来上がっている子供も多い中、綿貫は試合でのパフォーマンスをさらにレベルアップさせるためのコツを教えた。そのコツとは「諦めることなく、今できる全力を尽くす」ことだ。

「テニスのトーナメントを見ていると、プロの選手はみんな大きな声を出したり、叫びながらボールを打ち返しているよね。あれはただ単に声を出しているのではなくて、体力的にもきつい中、緊張や長く続くラリーのプレッシャーを感じながら、ギリギリの状態でプレーをしているから。そこで頑張れるかどうかは、試合の中だけでは解決することはできません。練習の中で、1試合、1ポイント、1ラリーに全力を尽くすメニューを取り入れてみてください」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集