[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

サッカー日本代表戦とテレビ中継 「結果しか伝わらない」時代を支えた選手の使命感

メキシコ五輪開幕戦を前に長沼健監督が選手にかけた言葉

「とにかく私たちの時代は、とことん結果にこだわりました。だって、それしか伝わらなかったですから」

【特集】「あとはここの波を究めるだけ」全てを知り尽くした海で狙うメダルへの道 / サーフィン 大原洋人選手(GROWINGへ)

 当時の代表選手たちは、なんとかサッカーという競技を知ってほしいという使命感に満ちていた。

 八重樫は東京五輪を最後に引退するつもりだった。だが日本代表監督ながら2歳しか違わない長沼健から「アジア大会で優勝するチャンスだから、あと2年だけ頑張ってくれ」と説得され、アジア大会を3位で終えると、さらに2年間現役生活を続けることになった。

 メキシコ五輪開幕戦を前に、長沼は選手たちに声をかけた。

「今は、こんなにたくさんの子供たちが応援してくれている。ありがたいもんじゃないか。その期待に絶対応えような」

 銅メダル獲得で第一次ブームが到来し、日本リーグに4万人の観衆が集まることもあったが、低迷とともに人気も下降の一途を辿った。結局アマチュア時代の金字塔から、プロ創設までは四半世紀を要した。

(加部 究 / Kiwamu Kabe)

プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信

1 2

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集