[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

変わろう、野球 筒香嘉智の言葉「日本で使われている金属バットの弊害は大きい」

日本ではバットの反発係数に明確な規定はなし

 今年1月、自身がスーパーバイザーを務める硬式野球チーム「堺ビッグボーイズ小学部」の体験会に参加した筒香は、野球界に対する問題提起の一つとして「金属バット」について触れた。

【特集】「あとはここの波を究めるだけ」全てを知り尽くした海で狙うメダルへの道 / サーフィン 大原洋人選手(GROWINGへ)

「日本では2017年、夏の甲子園のホームラン記録が更新されました。もちろん、優秀な打者が記録を破ったのですが、バットのおかげで飛んだ打球も目にします。これは子ども達のためになっていないと思います。木製バットに変わってから苦労するのは子ども達です。事実、僕も慣れるまでに時間が掛かりました。周りでも苦労した選手を何人も見てきましたし、克服できずにキャリアを終えてしまう人もいました」

 金属バットと木製バットの大きな違いは、ボールの反発力だ。バットメーカー、美津和タイガー株式会社の調べによると、バットを振る速度が同じ場合、金属バットは木製バットの約1.5~2倍の反発係数を持つという。つまり、打球が遠くに飛びやすいというわけだ。言い換えるなら、金属バットの場合、ボールを芯で捉えなくても打球が飛ぶ。道具の性能が打者の技術を補ってしまうのだ。筒香はこの点を問題視している。

 野球規則では、アマチュアで使用する金属バットは最大直径67ミリ未満、質量は900グラム以上と定めているが、反発係数に関する規定はない。日本高野連の「高校野球用具の使用制限」を見てみると、金属バットは製品安全協会の「SGマーク」があるものに限ると記されている。だが、非木製バットのSG基準ではソフトボール一般用バットの反発性能に関する規定はあるものの、硬式用と軟式用にはない。

 海外に目を向けると、全米大学体育協会(NCAA)と全米州立高校協会(NFHS)ではBBCOR(Bat-Ball Coefficient of Restitution)と呼ばれる反発係数基準が採用され、金属バットは木製バットの反発係数と同等の0.50以下のものしか試合で使用することができない。全米アマチュア野球連盟(USA Baseball)でもこの基準に倣い、日本では2018年からリトルリーグとポニーリーグが全米アマチュア野球連盟に準じている。

 NCAAでBBCOR基準が採用されたのは2011年のこと。元々は金属バットの打球速度が速く、投手や観客らがボールを避けきれず直撃する事故が多発したため、安全性を考えた上でのことだった。だが、打球が飛びすぎないことの副産物として、打者はよりバットの芯で捉える打撃を心掛け、身に付けるようになったという。そのため、プロで木製バットを使うようになってもスムーズに移行。事実、メジャーやマイナーの打者でバットの違いに苦しんだという話は聞かない。また、日米大学野球のような国際大会では木製バットが使用されるが、昨年の日米大学野球では、普段から木製バットを使う日本が全5試合で12得点だったのに対し、アメリカ代表は14点とわずかながら上回った。他の世代の国際大会を見ても、U-18世代では木製バット、それより下の世代ではBBCOR仕様の飛ばない金属バットを採用。飛ぶ金属バットは世界基準を逆行しているようにも見える。

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集