[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

競技は「人生の通過点」 自転車女子選手が“恋愛も隠さない”欧州で見た日本との違い

22歳でスピードスケートから自転車の世界に転向。欧州のロードレース界で日本人女子プロ第1号となり、3度の五輪出場を果たした沖美穂。現役時代、アスリートとして常に勇往邁進した彼女は、今もなお、新たな道を切り開く。

日本人女性プロ第1号として、走り続けた沖美穂【写真:Getty Images】
日本人女性プロ第1号として、走り続けた沖美穂【写真:Getty Images】

スピードスケートから転身、ロードレース日本人女子プロ1号・沖美穂の競技人生

 22歳でスピードスケートから自転車の世界に転向。欧州のロードレース界で日本人女子プロ第1号となり、3度の五輪出場を果たした沖美穂。現役時代、アスリートとして常に勇往邁進した彼女は、今もなお、新たな道を切り開く。

【特集】「跳ぶと絶対に笑顔になれる」 第一人者が語るトランポリンの魅力 / トランポリン 廣田遥さん(GROWINGへ)

 ◇ ◇ ◇

「“もう、スケートをやめよう”。そう決意した時に浮かんだのが、かつて見た、自転車のレースでした」

 シドニー、アテネ、そして北京と3度の五輪出場。そして、欧州ロードレース界で8年間、日本人女性プロ第1号として、走り続けた沖美穂。彼女は21歳まで、小学生の時に始めたスケートで、オリンピックを目指していたという。

「同級生に清水宏保、先輩の岡崎朋美さん、堀井学さんなどがいたので、オリンピックは現実味のある目標としてありました。

 でも、いつの年代でもギリギリのところで日本代表には選ばれなかった。実業団に進んでからは伸び悩み、日々、スケートに対する情熱を失っていきました。最後は“なぜタイムが出ないのか”という苦しみしか残っていなかった」

 そんな中、所属チームの近くで開催された自転車レースを観戦。当時、スケート界の、そして自転車界のスター選手だった橋本聖子氏がエキシビションで出走すると聞き、駆け付けた。その時、見聞きした光景に、衝撃を受けた。

「照明に反射してキラキラと光るオイルを塗った脚、自転車のディスクホイールから響き渡る“ゴオォォォ”という音。私には、すべてがかっこよく見えた」

 “もう、スケートをやめよう”。翌年、そう決意した沖の脳裏には、ケイリン選手たちの姿があった。「どうすれば、自転車を始められるのか?」。高校時代の恩師を通じて、橋本氏にコンタクトをとると、本人から連絡がきた。「自転車をやってみたいなら1週間、うちの合宿にきたら?」。その言葉を受けて、沖は22歳で、第二の競技人生を踏み出す。

「昔ですから科学的なトレーニングがあるわけでもなく、毎日、倒れるまで練習をした。自転車の選手はこんなにもしんどい練習をしているのかと驚いたが、橋本さんの元へ行った時から“やらない”という選択はありませんでした」

1 2 3 4

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌などで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プロ野球開幕、徹底ライブ中継に見逃し配信も
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集