[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本バスケ界の先進的クラブ BリーグおもてなしNO.1三河が3年目に記したカイゼン力

今季最も“カイゼン”された「ファンフェス2018-19」【写真提供:山田智子】
今季最も“カイゼン”された「ファンフェス2018-19」【写真提供:山田智子】

選手がファンをもてなす「ファンフェス」でもカイゼン力を発揮

 今季最も“カイゼン”されたのは、シーズン終了後にアイシン精機体育館で行われた「ファンフェス2018-19」だ。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 一部制で行われた昨季は、約2000人が参加。サイン会、撮影会、フリースロー体験、選手がグッズや飲食ブースで販売など6つの選手・スタッフ参加イベントのほか、ユニフォーム試着、選手ロッカー体験など、趣向を凝らしたイベント盛りだくさんでファンをもてなそうと試みた。しかし人気イベントにファンが殺到。並んでるだけでファンフェスが終わってしまったという参加者も少なくなかった。

 今季はその反省を踏まえて運営を大幅にカイゼン。二部制にして各回あたりの参加人数も700人に限定。交流イベントも、ファンからの要望の高いサイン会、撮影会、握手会に絞り、サイン会、撮影会は事前抽選として行列の緩和を図った。

感謝の菓子まきを行なう、公式風マスコットのタツヲ【写真提供:山田智子】
感謝の菓子まきを行なう、公式風マスコットのタツヲ【写真提供:山田智子】

 試合前に開催する恒例の「シーホースくん presents クイズ$ミカワネア」、ハーフタイムの人気企画「タツヲンザステージ」など、参加者全員で楽しめるステージイベントを充実させた。

ファンからは「去年より楽しかった」という声も【写真提供:山田智子】
ファンからは「去年より楽しかった」という声も【写真提供:山田智子】

 参加したファンからは「去年より楽しかった」という声が多く聞かれ、このカイゼンが成功したことが証明された。

 最後は選手・スタッフ全員でファンを笑顔で見送り、三河は2018-19シーズンを終えた。新たなシーズンは、中地区4位でチャンピオンシップ進出を逃したチームの再建、そして「ホスピタリティNO.1クラブ」の連覇と、チーム、クラブの両輪でBリーグの頂点を目指す。

(山田 智子 / Tomoko Yamada)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

1 2 3

山田 智子

愛知県名古屋市生まれ。公益財団法人日本サッカー協会に勤務し、2011 FIFA女子ワールドカップにも帯同。その後、フリーランスのスポーツライターに転身し、東海地方を中心に、サッカー、バスケットボール、フィギュアスケートなどを題材にしたインタビュー記事の執筆を行う。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集