[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

世界が驚いた19歳・安部裕葵 恩師が証言した「長友とも金崎とも違う体の強さ」

「2018 Jリーグアウォーズ」で最優秀ルーキーに与えられる「ベストヤングプレーヤー賞」を受賞した鹿島のU-19日本代表FW安部裕葵。15日のクラブW杯1回戦のCDグアダラハラ(メキシコ)戦では美しいミドルシュートを決め、勝利の立役者となった。日本サッカー界次代のエースとして期待される19歳の進化を、ガラタサライDF長友佑都も師事した名トレーナーが証言してくれた。

「ベストヤングプレーヤー賞」を受賞した鹿島の安部裕葵【写真:Getty Images】
「ベストヤングプレーヤー賞」を受賞した鹿島の安部裕葵【写真:Getty Images】

高校時代から指導、トレーナー木場克己氏が語る“J新人王の横顔”

「2018 Jリーグアウォーズ」で最優秀ルーキーに与えられる「ベストヤングプレーヤー賞」を受賞した鹿島のU-19日本代表FW安部裕葵。15日のクラブW杯1回戦のCDグアダラハラ(メキシコ)戦では美しいミドルシュートを決め、勝利の立役者となった。日本サッカー界次代のエースとして期待される19歳の進化を、ガラタサライDF長友佑都も師事した名トレーナーが証言してくれた。

【特集】「あとはここの波を究めるだけ」全てを知り尽くした海で狙うメダルへの道 / サーフィン 大原洋人選手(GROWINGへ)

「Hiroki Abe」の名前を世界に知らしめた瞬間だった。アルアインで行われたメキシコの強豪との決戦。2-1で迎えた後半39分、エリア内でボールを受けると左45度から右足一閃。美しい弧を描きながら、ゴール右隅に吸い込まれた。

「あのシュートは素晴らしかった。この2年間で体の部分で変わったのは臀部と膝周り。シュートのインパクトまでの動きに体のブレがない。お尻と膝の筋肉がうまく連動し、上半身をしっかりと支えている。彼の日々のトレーニングが結実した瞬間だったのではないでしょうか」

 こう語ったのはプロトレーナーの木場克己氏だった。長友を筆頭に、競泳の池江璃花子(ルネサンス亀戸)らトップアスリートから、レアル・マドリードの下部組織でプレーする「ピピ」こと15歳・中井卓大ら、育成年代の逸材まで幅広く指導し、抜群の手腕を発揮している。

 そんな木場氏が安部と出会ったのは高校時代。瀬戸内高(広島)在籍時だった。サッカー部のアドバイザーを務めていた木場氏は月1ペースでチームに独自のトレーニングメソッド「KOBA式体幹トレーニング」を指導していた。

 以前、J1広島の下部組織でもコンディショニング面のアドバイザーを手がけていた木場氏。数々の高校生を指導して来たが、1年時の安部はそこまで目につくような存在ではなかったという。

「当時はそこまで目立たなかった。国体などに選ばれていなかった。選手としては際立った存在ではなかった。3年生の頃に一気に頭角を現した印象です。3グループに分けて、体幹トレーニングを指導していました。安部選手は線が細いのに、強い。キャプテンでしたが、練習用のマット運びなども率先してやっていた。体幹の強さとともに、気遣いできる人間性も光っていましたね」

1 2 3

木場 克己

KOBA式体幹バランストレーニング協会代表

プロトレーナー

 小2年で柔道を始め、小6の南九州柔道大会で優勝、優秀選手賞を獲得。中3で県内の大会のタイトルを優勝で飾る。全九州大会団体の部で優勝・県大会軽量級個人戦2位。高校でレスリングを始め、56キロ級九州大会で優勝。インターハイ、国体は団体戦3位。腰椎圧迫骨折で現役を退き、医療人の道へ。鍼灸師、柔道整復師、FC東京ヘッドトレーナー(95~02年)、G大阪ユーストレーニングアドバイザー(2016年~)、長友佑都専属トレーナー。

URL:http://kobakatsumi.jp/

インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集