[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • 「若い年代こそ最も優秀な指導者が必要」 フランス名将が主張した選手育成の重要性

「若い年代こそ最も優秀な指導者が必要」 フランス名将が主張した選手育成の重要性

「若い年代にこそ最も優秀な指導者が必要だ。そんな彼(ジェラール・ウリエ=当時フランス協会技術委員長)の考え方に、私も共鳴した」――アルフレッド・ガルスティアン(クーバー・コーチング共同創設者)

ジェラール・ウリエ【写真:Getty Images】
ジェラール・ウリエ【写真:Getty Images】

育成年代の選手に必要な技術という“土台”の構築

「若い年代にこそ最も優秀な指導者が必要だ。そんな彼(ジェラール・ウリエ=当時フランス協会技術委員長)の考え方に、私も共鳴した」――アルフレッド・ガルスティアン(クーバー・コーチング共同創設者)

 アルフレッド・ガルスティアンは、トム・バイヤーの突然の訪問を受け、以来「クーバー・コーチング」の普及に乗り出すことになった。

 今から25年も前のことだった。

「ウィル・クーバー(クーバーコーチングの創始者)のアイデアは素晴らしかった。若い選手たちの基礎は技術だからね。彼は攻撃面に焦点を絞り、スター選手たちの技を分析整理して、子供たちに指導する方法を確立した。さらに私は、それをフルプレッシャーの中で技術を上達させるところまで進化させた」

 アルフレッドは続けた。

「初期のクーバーは、一人が1個ずつボールを持ち、ボールワークのみを行っていた。もちろん今でも、ボールマスタリー(ボールコントロール、コーディネーション、柔軟性の向上を目指した反復ドリル)がすべての土台となっている。

 一方でトレーニングには4つの要素がある。技術、戦術、メンタル、フィジカル。しかし全ての土台になるのは技術だ。だから私たちは、5歳から15歳の子供たちには、技術を中心に教えていくことになる。技術という土台さえしっかりしていれば、その上になんでも乗せられるからね」

1 2

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー