[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • セリーナ暴言の主審、海外メディアは毅然判定称賛「恐れや贔屓せず言い渡した勇気」

セリーナ暴言の主審、海外メディアは毅然判定称賛「恐れや贔屓せず言い渡した勇気」

テニスの全米オープンで男女シングルス日本人初優勝を果たした大坂なおみ(日清食品)。決勝では、女王セリーナ・ウィリアムズ(米国)が客席からのコーチングによる警告をきっかけに、主審への暴言などで警告を受けた。コート上で再三、主審に謝罪を求めた元女王だが、海外メディアは「セリーナこそ主審に謝罪すべき」と批判。忖度なしの判定でセリーナに槍玉に挙げられたポルトガル人審判を擁護する声が高まっている。

カルロス・ラモス主審【写真:Getty Images】
カルロス・ラモス主審【写真:Getty Images】

「謝れ」発言受けたラモス主審に豪州紙擁護論「セリーナこそ謝罪すべき」

 テニスの全米オープンで男女シングルス日本人初優勝を果たした大坂なおみ(日清食品)。決勝では、女王セリーナ・ウィリアムズ(米国)が客席からのコーチングによる警告をきっかけに、主審への暴言などで警告を受けた。コート上で再三、主審に謝罪を求めた元女王だが、海外メディアは「セリーナこそ主審に謝罪すべき」と批判。忖度なしの判定でセリーナに槍玉に挙げられたポルトガル人審判を擁護する声が高まっている。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

「アンパイアのカルロス・ラモスに謝罪すべきはセリーナ・ウィリアムズだ」と見出しを打って特集したのは、南半球で唯一グランドスラムを開催するオーストラリアの最大紙「シドニー・モーニング・ヘラルド」だった。

 大荒れの女子決勝のもう一人の主役となったラモス主審について、記事は「世界的な話題の中心になるというローラーコースターのような精神状態の真っ只中だろう。プロテニス界のアンパイアとしては回避したいはずだ」と同情している。

 グランドスラム31度目の決勝の晴れ舞台で怒鳴り散らし、号泣するなど取り乱したセリーナ。第1セットで大坂に圧倒された後、第2セットでコーチのパトリック・ムラトグルー氏はハンドシグナルでセリーナに指示を送った。これがコードバイオレーションとなって警告を受けたが、元女王は逆上した。記事では、そのやりとりをレポートしている。

「私は勝つためにインチキはしない。負けたほうがいい」とチェアアンパイアのラモス氏に逆上。「あなた、謝りなさいよ。謝りなさいよ。私は一度もインチキをしたことがない。娘もいるのよ。あなたは謝罪の必要がある」と審判に詰め寄り、その後も劣勢でラケット破壊に加え、さらなる「盗人」呼ばわりの暴言。ラモス氏は3つの違反によるぺナルティを毅然と言い渡した。

 敗北後の審判への挨拶でも「謝罪はないわけ?」と詰め寄ったセリーナ。元女王支持者で埋まったスタンドは主審に激しいブーイングを送った。記事では「選手、ファン、ソーシャルメディアの批判の指に晒された」と報じている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー