[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • 日本サッカー屈指の名将と“アメ”の使い方 「悪い時は友だちがいなくなるけど…」

日本サッカー屈指の名将と“アメ”の使い方 「悪い時は友だちがいなくなるけど…」

「日本サッカーの父」と呼ばれたデットマール・クラマーは、1964年に開催される東京五輪に向けた代表チーム強化のために、ドイツサッカー連盟(DFB)から特別コーチとして派遣された。クラマーは自他ともに認める厳しい指導者で、日本代表選手の中には時に「赤鬼」と呼ぶ者もいた。

「日本サッカーの父」と呼ばれたデットマール・クラマー【写真:Getty Images】
「日本サッカーの父」と呼ばれたデットマール・クラマー【写真:Getty Images】

激高の先にある冷静さ、“日本サッカーの父”が見せた選手との向き合い方

「本当の友だちは、ずっと見守っているものだ」――デットマール・クラマー(元日本代表コーチ)

「日本サッカーの父」と呼ばれたデットマール・クラマーは、1964年に開催される東京五輪に向けた代表チーム強化のために、ドイツサッカー連盟(DFB)から特別コーチとして派遣された。クラマーは自他ともに認める厳しい指導者で、日本代表選手の中には時に「赤鬼」と呼ぶ者もいた。

 しかし一方で日本の文化を学び、スタッフ、選手たちと寝食をともにして、しっかりと信頼関係を築いていた。

 それは1962年、日本代表がマレーシアで行われたムルデカトーナメントの開幕戦で、開催国を相手に2点のリードを守り切れずに引き分けた翌朝のことだった。クラマーは選手を全員集めると「ドアを閉めろ!」と指示し、そこから怒声が響き渡った。

「昨日の試合で、なぜ追いつかれたのか。責任の所在を明らかにしておく。はっきり伝えておくが、今後片山の顔を見ることはないだろう」

 戦犯として名指しされた片山洋は、「まるで死刑執行の部屋のようで、もうサッカーをやめようか」とも思ったそうだ。しかしクラマーは、その後もしっかりと関東大学リーグの会場に足を運び、片山が所属する慶應大学の試合を視察し続けた。そして片山を久しぶりに代表合宿に招集すると、後ろから肩をしっかりと捉まえて声をかけるのだ。

「良い時は友だちが増え、悪い時は友だちがいなくなる。でも本当の友だちは、ずっと見守っているものだ」

 日大のチアリーディング部やアメフト部などの一件を見ても、指導する側が選手との信頼を構築する前に、一方的に救いようのない追い込み方をしてしまっている。欧州の指導者も、激高した時の口調は日本以上に辛辣だ。だが激高の先に、必ず冷静さや反省がある。徹底してムチで追い込んでしまう旧来の日本の指導者に比べ、明らかに“アメ”の使い方が上手い。

1 2

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー