[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【パンパシ水泳】日本最速のイケメンスイマーが挑む世界の頂 中村克「強すぎる…でもそれに挑んで」

8月9日に開幕するパンパシ水泳(4日間・東京、テレビ朝日系列で中継)の注目選手22人を毎日紹介する「THE ANSWER」の「パンパシ水泳カウントダウン連載」。開幕まであと8日。第14回は男子自由形短距離の中村克(イトマン東進)だ。50m&100mで日本記録を持つ最速スプリンターは、ボクササイズなど新たなトレーニングで体を鍛えなおした。リオ五輪も経験した24歳が再び世界の頂点に迫る。

50m&100mで日本記録を持つ中村克【写真提供:テレビ朝日】
50m&100mで日本記録を持つ中村克【写真提供:テレビ朝日】

「あと8日!パンパシ水泳カウントダウン連載」―最速スプリンターがボクシングトレで進化

 8月9日に開幕するパンパシ水泳(4日間・東京、テレビ朝日系列で中継)の注目選手22人を毎日紹介する「THE ANSWER」の「パンパシ水泳カウントダウン連載」。開幕まであと8日。第14回は男子自由形短距離の中村克(イトマン東進)だ。50m&100mで日本記録を持つ最速スプリンターは、ボクササイズなど新たなトレーニングで体を鍛えなおした。リオ五輪も経験した24歳が再び世界の頂点に迫る。

 ◇ ◇ ◇

 鋼のように鍛え上げた肉体が、美しい輝きを放つ。4年前のパンパシ水泳は個人種目で6位。メドレーリレーでは米国に次ぐ銀メダル。パワーアップした中村が、前回以上の結果を目指し、目下絶好調だ。日本選手権では50m、100mと2種目で3連覇という快挙を達成した。

「昨年、一昨年とすごい悔しい思いをした。このまま終わるのは嫌だと思って、すぐにトレーニング開始しました。トレーニング方法も改め、新しいことにも挑戦したり、その挑戦がいい方向にマッチして、かみ合ってきて記録が出続けているんだと思います」

 オフシーズンでも体をいじめた。早朝6時半に起床し、家で腕立てや腹筋などのトレーニングなどを終えた後に、近くをランニング。公園で懸垂をし、ジャングルジムにも登った。五輪、世界水泳と不甲斐ない結果に終わってしまった自分を変えたい――。その一心だったという。

「イメージと全然違う結果になってしまった。オリンピックで自分の同い年の選手がメダルを取ったり、後輩が活躍している中で、自分は何しているんだろうと。気づくのが遅かったですね。もう少し早く気付けばよかったんですけど……。今年は東京五輪も近いですし、変わっていきたいと思ってます」

 新たなに取り入れたのは主に陸上でのトレーニングだ。ラダートレーニングや、ボクササイズで自らの体の動きともう一度向き合った。特にボクササイズと水泳には多くの共通点があった。

「素早く力強いパンチは力むのではなくて、力を抜く。そのトレーニングをやると、泳ぎでも、無駄なエネルギーを使わないで、必要なところだけ力を発揮してということができる。エネルギーの消耗が少なくなりました。体幹の連動がカギになってるので、体幹が連動してないと、思いパンチを打てないし、姿勢も悪い。その動きを陸でしっかりできないと、水の中でもできないと思っています」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集