[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

希代の名ドリブラーから驚異の長寿選手に… カズが描いた“生き残る術”

25歳でアジア最優秀選手を始め、個人でもチームでもタイトルを独占していた三浦知良(カズ)は、選手生活の長寿をまったく想像していなかった。

25歳のカズは想像していなかった―

「経験てなんだと言えば、相手の嫌がることを考えながらやるということ」―三浦知良

 25歳でアジア最優秀選手を始め、個人でもチームでもタイトルを独占していた三浦知良(カズ)は、選手生活の長寿をまったく想像していなかった。

「ボクみたいなプレイヤーはキレがなくなったら終わりだから……」

 思い直して繰り出すジョークが印象的だった。

「でも今がピークだなんて思わない。もっと良くなることを信じてやっているから。一応2002年ワールドカップまでは頭にありますよ。オレがリベロで、カリオカ(ラモス瑠偉)はストッパーかな(笑)。ワールドカップは目標だけど、出たらまた次の目標が出来るだろうし、ずっと目標は上にあって到達することなくサッカーも終わるんじゃないかな。人生と同じですよ」

 当時2002年は10年後の未来で、日本代表はアジアカップを制したが、ワールドカップは経験していない。

 そしてそれから13年後にカズは語った。

1 2

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プロ野球開幕! 徹底ライブ中継&見逃し配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集