[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

最強・井上尚弥を支えるイメトレ術 相手をあえて「過大評価」する歴史的4団体統一戦

ボクシングのWBAスーパー&IBF&WBC世界バンタム級3団体統一王者・井上尚弥(大橋)が13日、12月13日に東京・有明アリーナでWBO世界同級王者・ポール・バトラー(英国)と4団体王座統一戦を行うと正式発表した。神奈川・横浜市内のホテルで「NTTドコモ Presents PXB WORLD SPIRITS」の会見に出席。下馬評は“同等”と断言し、最強ボクサーに見立てたイメージトレーニングをしながら決戦に向かうことを明かした。戦績は29歳の井上が23勝(20KO)、33歳のバトラーが34勝(15KO)2敗。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

3本のベルトを並べ、会見に出席した井上尚弥【写真:浜田洋平】
3本のベルトを並べ、会見に出席した井上尚弥【写真:浜田洋平】

有明アリーナで井上尚弥VSバトラー

 ボクシングのWBAスーパー&IBF&WBC世界バンタム級3団体統一王者・井上尚弥(大橋)が13日、12月13日に東京・有明アリーナでWBO世界同級王者・ポール・バトラー(英国)と4団体王座統一戦を行うと正式発表した。神奈川・横浜市内のホテルで「NTTドコモ Presents PXB WORLD SPIRITS」の会見に出席。下馬評は“同等”と断言し、最強ボクサーに見立てたイメージトレーニングをしながら決戦に向かうことを明かした。戦績は29歳の井上が23勝(20KO)、33歳のバトラーが34勝(15KO)2敗。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 モンスターは落ち着いていた。井上が口にしてきた日本人初の4団体統一戦がついに実現。相手はスピード、テクニックに定評のあるバトラーだ。世界で最も権威のある米専門誌「ザ・リング」の階級を超えた格付けランク「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」で1位にもなった井上にとって、周囲は“格下”の見方が強い。

 しかし、本人は否定した。

「毎回同じですが、優位と思っているのは周りだけ。自分は同じだと思っています」

 対戦が決まって以降、井上がいつも繰り返すのが稀有なイメージトレーニング。どんな相手でも「最強」だと脳みそに刷り込んでいく。これまでの試合前も「自分のパンチが当たらない」などと、自らが敵わないほどのボクサー像を作り上げた。脳内の対戦相手は常に最強。これこそ、井上が格下相手でもモチベーション高く練習し、常に圧倒できてきた理由の一つだ。

「今回も過大評価して想像しています。めちゃくちゃ過大評価して、それをどう攻略していくか。今はそのイメージトレーニングをしているところです」

 9月に米ロサンゼルスで2週間のスパーリング合宿を敢行。海外の猛者たちと火花を散らし、さらなるレベルアップを図ってきた。今後は今月末に走り込み合宿を予定し、2人のフィリピン人パートナー、元世界3階級制覇王者・田中恒成(畑中)らを相手に大橋ジムでスパーを積む。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集