[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

メジャー最強左腕の1球に米衝撃 ベース2m手前なのに…打者は「今季最悪のスイングだ」

米大リーグ・パドレスのダルビッシュ有投手が12日(日本時間13日)、ドジャースとの地区シリーズ第2戦に先発し、6回途中7安打3失点の熱投。ポストシーズン2勝目を挙げた。一方、ドジャースはクレイトン・カーショー投手が登板。5回3失点と力投したが、勝ち負けはつかなかった。そんな中で4回に奪った三振が話題に。ベースはるか手前でバウンドしたにもかかわらず、打者に手を出させた“魔球”に驚きの声が上がった。

地区シリーズ第2戦に先発したドジャースのクレイトン・カーショー【写真:ロイター】
地区シリーズ第2戦に先発したドジャースのクレイトン・カーショー【写真:ロイター】

遥か手前でバウンドしたカーショーのカーブに手を出した打者が話題に

 米大リーグ・パドレスのダルビッシュ有投手が12日(日本時間13日)、ドジャースとの地区シリーズ第2戦に先発し、6回途中7安打3失点の熱投。ポストシーズン2勝目を挙げた。一方、ドジャースはクレイトン・カーショー投手が登板。5回3失点と力投したが、勝ち負けはつかなかった。そんな中で4回に奪った三振が話題に。ベースはるか手前でバウンドしたにもかかわらず、打者に手を出させた“魔球”に驚きの声が上がった。

 なぜ、これに手が出てしまうのか。そう思いたくなるほど、カーショーの“魔球”は凄い。4回先頭、右打者のプロファーをカウント0-2と追い込み、4球目に投じたのはカーブだった。しかし、指に引っかかったのか、低い軌道で放たれた。ベース手前でバウンドしようとしている。ただ、反応したプロファーはバットを出してしまった。さすがにバットに当てることはできず、無残な形で空振り三振になった。

 試合を中継した米スポーツ専門局「FOXスポーツ」の実況席は「ほとんど芝生部分に掛かりそうな場所でバウンドしていますよ。本塁から6、7フィート(約1.83メートル~2.13メートル)のところでバウンドしているようですね」と笑いをこらえるようにして話した。150キロ近い速球にスライダーを併せ持ち、宝刀のカーブが頭にあれば打者が反応するのも無理はない。

 ただし、同局がツイッターで紹介した動画では、一塁側から捉えた様子を掲載。ベースのはるか手前でバウンドする様子が克明に映し出されており、「今季最悪のスイングだ」「これは酷いな」「クリケットやってるのか」「カーショーのカーブはとんでもない」「哀れだ」「なんでスイングした?」「(笑)」とカーショーのカーブを称える一方で、プロファーに対して揶揄する声もあった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集