[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

公務員も考えた大学生が卒業半年でNPB注目に 人生が激変した23歳茶野篤政という原石

10月20日に行われるプロ野球ドラフト会議で、異例の10年連続指名がかかる独立リーグ球団がある。四国アイランドリーグplus・徳島インディゴソックス。多くの名門大学、社会人チームを凌ぐ、驚異のNPB輩出率を誇るチームには、今年も多くの原石が揃う。「THE ANSWER」はその中から、注目選手4人をピックアップ。第2回は茶野篤政外野手。大学時代は公務員試験も考えた男は、徳島で才能が開花。一躍、スカウトに注目される存在になった。(取材・文=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

大学卒業後に才能が開花、半年でNPB注目選手になった徳島インディゴソックスの茶野篤政【写真:徳島インディゴソックス提供】
大学卒業後に才能が開花、半年でNPB注目選手になった徳島インディゴソックスの茶野篤政【写真:徳島インディゴソックス提供】

徳島インディゴソックス NPBドラフト注目選手特集第2回・茶野篤政外野手

 10月20日に行われるプロ野球ドラフト会議で、異例の10年連続指名がかかる独立リーグ球団がある。四国アイランドリーグplus・徳島インディゴソックス。多くの名門大学、社会人チームを凌ぐ、驚異のNPB輩出率を誇るチームには、今年も多くの原石が揃う。「THE ANSWER」はその中から、注目選手4人をピックアップ。第2回は茶野篤政外野手。大学時代は公務員試験も考えた男は、徳島で才能が開花。一躍、スカウトに注目される存在になった。(取材・文=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 ◇ ◇ ◇

 大学卒業半年で一変した自分の人生に、誰よりも自分が驚いている。

 取材中、茶野篤政は自らが「ドラフト候補」と呼ばれる現状を、何度もこんな言葉で表現した。「想像以上」「びっくり」「正直、こんな状況は想定してなかった」……。自分の想像を超え、驚き、想定外の状況を作り出した成長力は、この男の魅力でもある。

「徳島に来るまで(メディアなどで)自分が取り上げられるなんてなかったです」と言う通り、大舞台とは無縁の野球人生だった。

 小1から野球を始め、中京学院大中京高(岐阜)3年夏は控えで代打出場のみ。1年秋からレギュラーとなった名古屋商大でも全国大会に縁はない。転機は進路を決める大学4年の秋。「まだ硬式野球を続けたい」。模索した社会人野球の道は決まらず、コーチの勧めもあって徳島に挑戦した。

「徳島に行く以上はNPBを目指す」。そう心に決めた。NPBを目指すから徳島に行く、多くの独立リーガーとは動機の順序が異なる珍しいタイプだ。

 しかし、この選択が茶野を変えた。

「周りも全員、NPBを目指している。一人一人が意識を高く持ってやってるので、そういう意味で凄く良い環境でした」

 一番の武器は足。大学時代に計った50メートルは6秒0。「今はそれよりも速くなっていると思う」。大学時代は刺されたくないあまり、リードは決して大きくなかった。橋本球史コーチに「自分の最大まで出て距離を稼げ」とアドバイスされ、考えを一変。初球から積極的に走り、目下リーグ戦2位の30盗塁と走りまくった。

 とはいえ、塁に出なければ足も生かせない。150キロの速球を投げる投手も珍しくない独立リーグ。打撃フォームから無駄な動きを徹底して減らし、始動を見直した。6月のオリックス2軍との交流戦では本塁打を含め、4安打の固め打ちを披露するなど、打撃が開眼。安打を量産し、リーグ戦でも打率.336で首位打者をひた走る。

 主に右翼を守る守備を含め、NPBからすれば、打って走って守れる、チームに一人は置いておきたい存在だ。

 一躍、スカウトの注目株になり「もちろん、実力は全然まだまだなんですが、こんなことになるとは……」と驚きを隠せない。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集