[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「残り2秒の悪夢」を忘れない ファンクラブ会員Bリーグ最多、三河と“青援”と365日

【写真提供:シーホース三河】
【写真提供:シーホース三河】

「共に頂点へ」、クォーターファイナルで奇しくも激突した栃木

「共に頂点へ」。チーム、フロント、ファン・ブースターが一丸となって掴み取ったホームでのCS。クォーターファイナルの相手は、奇しくも昨年苦杯をなめさせられた栃木だった。

コパ・アメリカを観るならDAZN! 全試合独占、初月無料キャンペーン実施中!

 第1戦から激しいクロスゲームになるも、第3クォーターで逆転して先勝。第2戦も三河ペースで進むが、第4クォーターに栃木の猛攻を受けて1点差まで詰められる。1年前の屈辱を晴らす絶好の機会を、三河はエース・比江島にボールを託した。残り12秒、「絶対に勝たせる」と比江島が迷いなく放ったシュートはリングをとらえた。最終スコア80-75で栃木を振り切り2連勝。昨年の悪夢を払拭してセミファイナル進出を果たした。

 比江島は「今年はホームでやれたので気持ちは楽でした。栃木のホームでやっていたら結果は変わっていたかもしれない」と力をもらった大“青援”へ感謝を込め、「絶対に皆さんをファイナルへ連れて行きます」と誓った。

 セミファイナルのアルバルク東京戦も、青く染まったウィングアリーナで開催された。

【写真提供:シーホース三河】
【写真提供:シーホース三河】

 普段は、熱さの中にもどこかアットホームな雰囲気のある三河ブースターだが、この日は今までとは明らかに違う「チャンピオンシップモード」の熱気がアリーナを包んでいた。選手に連れて行ってもらうのではなく、「私たちの“青援”で選手をファイナルに連れて行く」という心強い決意も聞かれた。

 第1戦を延長の末に落とし、後がない第2戦も4クォーターで16点差をつけられ、窮地に追い込まれた。

「いつもなら切れてしまいそうなところで切れずに、皆で我慢して最後延長まで行けた(#0橋本)」

 ホームの割れんばかりの大“青援”は選手の足を動かし続け、土壇場で圧巻の“比江島タイム”が開幕。リングに鋭くアタックして、自らのドライブやアシストで得点を積み上げる。「あと6点」「あと3点」。アリーナの盛り上がりが最高潮に達した残り10秒、比江島が同点の3ポイントシュートを沈めて観客を総立ちにさせた。

 2試合連続で延長戦にもつれ込んだ試合は、わずかに1本が届かず、2年連続セミファイナルで涙を飲んだが、選手を讃える「Let’go シーホース」コールが鳴り止むことはなかった。

1 2 3 4

山田 智子

愛知県名古屋市生まれ。公益財団法人日本サッカー協会に勤務し、2011 FIFA女子ワールドカップにも帯同。その後、フリーランスのスポーツライターに転身し、東海地方を中心に、サッカー、バスケットボール、フィギュアスケートなどを題材にしたインタビュー記事の執筆を行う。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
南米各国代表も、日本代表も、全試合DAZN独占 COPA AMERICA BRASIL 2019
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集