[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • 「残り2秒の悪夢」を忘れない ファンクラブ会員数Bリーグ最多、三河と“青援”と365日

「残り2秒の悪夢」を忘れない ファンクラブ会員数Bリーグ最多、三河と“青援”と365日

5月29日、恵比寿ガーデンプレイス広場で開催されたバスケットボールの「B.LEAGUE AWARD SHOW2017-18」でレギュラーシーズン最優秀選手賞に輝いたシーホース三河の比江島慎は、涙で声を詰まらせながら感謝の言葉を口にした。

【写真提供:シーホース三河】
【写真提供:シーホース三河】

エース比江島は涙のMVP、悪夢のような成長を糧に…シーホース三河の1年間

「プライベートでは母を亡くしてしまったり、大変なこともあったのですが、応援してくださる皆さん、チームメートが支えてくれたのでここまで来られたと思っています」

 5月29日、恵比寿ガーデンプレイス広場で開催されたバスケットボールの「B.LEAGUE AWARD SHOW2017-18」でレギュラーシーズン最優秀選手賞に輝いたシーホース三河の比江島慎は、涙で声を詰まらせながら感謝の言葉を口にした。

 B1チームのヘッドコーチ、登録選手、メディアによる投票で最多得票数を獲得した選手に贈られる同賞。チームは2年連続でベスト4に留まったが、勝負どころで度々ビッグショットを沈めるなど、リーグ勝率1位の立役者となったエースの成長は誰もが認めるところだ。

【写真提供:シーホース三河】
【写真提供:シーホース三河】

 今季はリーグの最中に日本代表のW杯予選を戦う過密日程や、シーズン終盤には最愛の母を亡くした辛い精神状態の中で戦い続けた。「すごく疲れましたが、代表があることによって気づかされることもありましたし、成長できることもありました。いいシーズンを送れたと思います」。充実感をにじませながら今シーズンを振り返った比江島は、三河、そして日本代表のエースとしての自覚と精神的なたくましさを増していた。

 比江島、そして三河の成長の原動力となったのは、昨シーズン、黄色い歓喜に沸くブレックスアリーナで味わった悔しさだった。昨季のチャンピオンシップ(CS)セミファイナル、1勝1敗で迎えた第3戦。三河は28秒を残して2点リードしていたが、パスミスから同2秒に劇的逆転ゴールに屈して逸勝。掴みかけていたファイナル進出を逃した。

 とりわけ「最後の最後、自分の判断ミスで負けた」と敗戦の責任を背負ってきた比江島は、この屈辱を刻みつけるように何度も何度も言葉にし続けてきた。

 悪夢を振り払うかのように、三河はシーズン序盤から連勝街道を突き進んだ。比江島、そして2年連続でベストファイブとベストフリースロー確率賞の2冠を達成した金丸晃輔、1試合平均15得点、5アシスト、8リバウンドの桜木ジェイアールを擁する圧倒的なオフェンス力を武器に、B1リーグ新記録となる16連勝を達成。前半戦を折り返す頃には、早くも2位以下を大きく引き離し中地区首位独走態勢に入っていた。

【写真提供:シーホース三河】
【写真提供:シーホース三河】

 それでも、「リーグ勝率1位に立ち、CSをホーム・ウィングアリーナで戦うこと」を今季の最大目標とする三河は、手綱を緩めることはなかった。「今季は接戦で勝ち切れる試合が増えた」と鈴木貴美一ヘッドコーチ(HC)が評した通り、チームの成長はワンポゼッション差のゲームの勝率が昨年の4勝2敗から11勝3敗と格段に増したことにも表れた。

 昨季に続き、最速で地区優勝を決めた3月の名古屋ダイヤモンドドルフィンズとの愛知ダービーは、まさに今季の勝負強さを象徴していた。第4クォーターで最大17点のビハインドを背負いながら、比江島、金丸の両エースを中心に怒濤の反撃で追いつき、延長の末に91-90で勝ち切った。

1 2 3 4

山田 智子

愛知県名古屋市生まれ。公益財団法人日本サッカー協会に勤務し、2011 FIFA女子ワールドカップにも帯同。その後、フリーランスのスポーツライターに転身し、東海地方を中心に、サッカー、バスケットボール、フィギュアスケートなどを題材にしたインタビュー記事の執筆を行う。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー