[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

名門バルサが最も重視する選手の資質は? スカウトが明かす逸材を見分ける明確な基準

スペインサッカーに精通し、数々のトップアスリートの生き様を描いてきたスポーツライターの小宮良之氏が、「育成論」をテーマにしたコラムを「THE ANSWER」に寄稿。世界で“差を生む”サッカー選手は、どんな指導環境や文化的背景から生まれてくるのか。今回は確固たる育成哲学を持つスペインの名門バルセロナを例に、有能な選手を発掘し、育てる上で重要な点について説いている。

確固たる育成哲学を持つ名門バルセロナ、選手に求める資質について関係者が語った【写真:Getty Images】
確固たる育成哲学を持つ名門バルセロナ、選手に求める資質について関係者が語った【写真:Getty Images】

連載「世界で“差を生む”サッカー育成論」:バルサの育成責任者が語った言葉

 スペインサッカーに精通し、数々のトップアスリートの生き様を描いてきたスポーツライターの小宮良之氏が、「育成論」をテーマにしたコラムを「THE ANSWER」に寄稿。世界で“差を生む”サッカー選手は、どんな指導環境や文化的背景から生まれてくるのか。今回は確固たる育成哲学を持つスペインの名門バルセロナを例に、有能な選手を発掘し、育てる上で重要な点について説いている。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 ◇ ◇ ◇

 育成という分野は、紙一重である。

 それだけに、チームスタイルに沿った指導というのは、間違いを回避する手段の一つだろう。指導者も選手も、道筋が分かりやすい。ただ、スタイルそのものに固執すると視野も狭くなって、個人としても組織としても本質的な弱さを抱える。

 育成、もしくはアカデミーと呼ばれる組織はいかにマネジメントすべきなのか?

「世界のサッカーの流れはチェックしているよ。日本からも映像を取り寄せているし、毎日のように世界中からビデオが届く」

2007年当時、育成部門のディレクターだったホセ・ラモン・アレシャンコはそう説明していた。アレシャンコは、FCバルセロナが1992年にクラブ史上初の欧州王者になった時の主将で、当時は屈強なセンターバックとして名を馳せたレジェンドの1人である。ジョアン・ラポルタ会長が戻って復権を目指すなか、2021年3月には再び育成ディレクターに招聘されている。

「私たちがやるべき仕事は、トップでプレーするような選手を育てることにある。それに尽きるだろう。その際、国籍などは関係ない。確かにアカデミーの選手の半数はカタルーニャ人だが、バルサが求めているのはサッカーが上手い子と言える。大事なのはスカウティングのところで、常に多様な人材をチェックしている」

 そして、アレシャンコは刮目すべき言葉を口にした。

「世間では、“バルサに合う選手、合わない選手でスカウティングしている”と考えているようだね。しかし、必ずしもそうではない。少なくとも、私はその件に関しては賛同しないよ」

 闘将と言われたアレシャンコはそう断言した。

1 2 3

小宮 良之

1972年生まれ。大学卒業後にスペインのバルセロナに渡り、スポーツライターに。トリノ五輪、ドイツW杯を現地取材後、2006年から日本に拠点を移す。アスリートと心を通わすインタビューに定評があり、『導かれし者』(角川文庫)、『アンチ・ドロップアウト』(集英社)など多くの著書がある。2018年に『ラストシュート 絆を忘れない』(角川文庫)で小説家としてもデビュー。少年少女の熱い生き方を描き、重松清氏の賞賛を受けた。2020年12月には『氷上のフェニックス』(角川文庫)を上梓。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集