[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

トルシエから「100%信頼されていなかった」 宮本恒靖が日韓W杯時の“関係性”を吐露

2002年日韓ワールドカップ(W杯)の開催から、今年で20周年を迎えた。日本列島に空前のサッカーブームを巻き起こした世界最大級の祭典は、日本のスポーツ界に何を遺したのか。「THE ANSWER」では20年前の開催期間に合わせて、5月31日から6月30日までの1か月間、「日韓W杯、20年後のレガシー」と題した特集記事を連日掲載。当時の日本代表メンバーや関係者に話を聞き、自国開催のW杯が国内スポーツ界に与えた影響について多角的な視点から迫る。

日韓W杯から20年が経った今、宮本恒靖が改めて感じるトルシエ監督の印象【写真:荒川祐史】
日韓W杯から20年が経った今、宮本恒靖が改めて感じるトルシエ監督の印象【写真:荒川祐史】

「日韓W杯、20年後のレガシー」#31 宮本恒靖の回顧録・第4回

 2002年日韓ワールドカップ(W杯)の開催から、今年で20周年を迎えた。日本列島に空前のサッカーブームを巻き起こした世界最大級の祭典は、日本のスポーツ界に何を遺したのか。「THE ANSWER」では20年前の開催期間に合わせて、5月31日から6月30日までの1か月間、「日韓W杯、20年後のレガシー」と題した特集記事を連日掲載。当時の日本代表メンバーや関係者に話を聞き、自国開催のW杯が国内スポーツ界に与えた影響について多角的な視点から迫る。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 フィリップ・トルシエ監督に率いられたチームは、宮城スタジアムで行われた決勝トーナメント1回戦のトルコ戦に0-1で敗れ、4年間の活動を終えた。日本サッカー史上初のベスト16という歴史的な偉業を達成した一方、誰もが敗退直後に抱いた不完全燃焼な想い――。最終ラインからチームを支えた宮本恒靖はあの日、どのような心境だったのか。20年が経った今、改めて感じるトルシエ監督の印象とともに話を聞いた。(取材・文=佐藤 俊)

 ◇ ◇ ◇

 2002年日韓W杯で、日本はグループリーグを2勝1分の首位で通過。日本の快進撃に国中が沸き立ち、試合後には渋谷の交差点が大勢の人で埋まった。その熱狂のボルテージが上がるなか、日本はベスト16でトルコと対戦した。

 試合会場に入り、ミーティングで宮本恒靖たちに告げられたのはスタメンの変更だった。

「ヤナギ(柳沢敦)が首を痛めて、前日の練習では西澤(明訓)とアレックス(三都主アレサンドロ)がFWに入っていたんです。本当にこのスタートでいくのかなと思っていたけど、ヤナギが間に合わなかったので前日のままになった。スタメンは監督が決めることだけど、トルシエのスーツが予選リーグの時は紺色だったのに、この時にはグレーに変わっていたところには、選手の中ではざわざわしたものがありました」

 よく“勝っているチームはいじるな”と言われるが、柳沢は首痛で仕方なかったにしても、前線には初戦のベルギー戦(2-2)でゴールを決めた鈴木隆行がおり、森島寛晃もいた。スタメンを入れ替えるのは、最小限で済んだはずだった。

「当時の記事なんかを読み返すと、2人の起用はトルシエの閃きで、大胆な賭けに出たみたいに書かれていたけど、個人的にはそうとは思わなかった。何も研究されていなかったアレックスを使うってことは、秘策として残していたのかもしれないですけど」

1 2 3

佐藤 俊

1963年生まれ。青山学院大学経営学部を卒業後、出版社勤務を経て1993年にフリーランスとして独立。W杯や五輪を現地取材するなどサッカーを中心に追いながら、大学駅伝などの陸上競技や卓球、伝統芸能まで幅広く執筆する。『箱根0区を駆ける者たち』(幻冬舎)、『学ぶ人 宮本恒靖』(文藝春秋)、『越境フットボーラー』(角川書店)、『箱根奪取』(集英社)など著書多数。2019年からは自ら本格的にマラソンを始め、記録更新を追い求めている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集