[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

エンゼルスが監督“代行の代行”に 26日大乱闘で10試合出場停止、通訳も2試合の処分

米大リーグ・エンゼルスは27日(日本時間28日)、フィル・ネビン監督代行らが出場停止となった。26日(同27日)のマリナーズ戦で起きた殴り合いの大乱闘の影響を受けたもの。米記者は「レイ・モンゴメリー(ベンチコーチ)が指揮を執る」と“監督代行の代行”について伝えている。

マリナーズ戦で殴り合いの大乱闘が勃発。監督代行らが出場停止に【写真:ロイター】
マリナーズ戦で殴り合いの大乱闘が勃発。監督代行らが出場停止に【写真:ロイター】

マリナーズ戦で殴り合いの大乱闘が勃発

 米大リーグ・エンゼルスは27日(日本時間28日)、フィル・ネビン監督代行らが出場停止となった。26日(同27日)のマリナーズ戦で起きた殴り合いの大乱闘の影響を受けたもの。米記者は「レイ・モンゴメリー(ベンチコーチ)が指揮を執る」と“監督代行の代行”について伝えている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 26日のマリナーズ戦では、2回にエンゼルス先発のワンツがジェシー・ウインカー外野手に死球を与え、両軍入り乱れる大乱闘に発展。大谷翔平投手も相手選手をなだめていた。この乱闘によってネビン監督代行ら両軍の計8人が退場となっていた。

 一夜明けた27日、米地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」のエンゼルス番のジェフ・フレッチャー記者は自身のツイッターで出場停止となった選手、スタッフらを報じた。エンゼルスはネビン監督代行が10試合、死球を投じたワンツが3試合の出場停止になったほか、通訳のマニー・デル・カンポ氏も2試合の停止処分となっていた。

 米スポーツメディア「ジ・アスレチック」のエンゼルス番サム・ブラム記者はツイッターで「エンゼルスからは5人のコーチ・スタッフが出場停止となる。非常に多いので、期間を分けて出場停止にならないといけない。レイ・モンゴメリーはおそらく、ネビンが出場停止になったときに代行監督を務め、その後自分が出場停止になると思われる」と記した。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集