[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

五輪女王・高木美帆が本屋に足を運ぶ理由 コロナ禍に出会った2冊の本「凄く面白い」

「本は……あ、でも、この話をするとインテリ風に思われるんですよね(笑)」

北京五輪で4つのメダルを獲得したスピードスケートの高木美帆【写真:荒川祐史】
北京五輪で4つのメダルを獲得したスピードスケートの高木美帆【写真:荒川祐史】

スケートと睨み合いを続けた8年間、現在は少し長めのオフを満喫

「本は……あ、でも、この話をするとインテリ風に思われるんですよね(笑)」

【前編】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート 髙木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)
【後編】偉業を後押しした心の支え 金メダリストが感謝する応援のチカラ / スピードスケート 髙木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 冗談めかした口調で照れ隠しの笑顔を浮かべるのは、スピードスケート日本代表・高木美帆だ。2018年の平昌五輪では金・銀・銅の3つのメダル、今年2月の北京五輪では1000メートルでの金を含む4つのメダルを獲得し、五輪では夏冬を通じて日本女性選手最多メダル数を更新した。

 2014年のソチ五輪出場を逃して以来、北京までの8年間は「自分がスケートから目を背けたり、逃げたり、辛いと諦めたり、そういうことをしてはいけないと思ってやってきた」期間だったという。

 先に目をそらした方が負けと言わんばかりの真剣勝負。ピンと気持ちを張り詰めたまま、試行錯誤を繰り返し、成功も失敗も経験として積み重ね、一段、また一段と成長の階段を上った。

「それなりにオン/オフはつけているつもりだったんですけど、心の根っこの部分ではずっとスケートと向き合う気持ちを抱えていたのかなと思います」

 五輪シーズンを終え、普段よりも少し長めのオフシーズンを過ごす現在は、心をスケートから解放。久しぶりに友人・知人と会ったり、「暇があればマンガを読んでいます。マンガ好きですね」と茶目っ気たっぷりに笑う。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集