[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

二刀流の聖地に衝撃を残した大谷翔平 活躍した試合の相手の取材でいつも感じること

二刀流の聖地に残した衝撃、大谷が活躍した試合の取材でいつも感じること

 大谷が活躍した試合で、相手チームの監督や選手を取材する時にいつも共通して感じることがある。それは、打ち取られた打者や打たれた投手が大谷の才能に感嘆し、力説することだ。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 5回まで1安打無失点に抑え、大谷と投げ合いを演じたレッドソックスのベテラン左腕リッチ・ヒル投手は5日の試合後、地元メディアに「彼はリーグで最高の選手だ。それは誰もが認めている事実。このような才能を見るのはとてもスペシャルなことなんだ。なぜなら、この100年間、誰も見たことがなかったわけだし、これから100年後まで見られないかもしれないからだ」と語った。

 4番で二塁打を放ったJ.D.マルティネスは「とてもタフだった。全ての球種が予測不能だった。速球がツーシームのように動いたり、カットしたり。スライダーも内側から曲がってきたり、外へ大きく逃げていったり。とても難しい」と脱帽した。悔しさをにじませることもなく、あきれたような表情で話す中軸打者の言葉が、レッドソックス各打者が打席で感じた衝撃の大きさを物語っていた。

 そして、登板翌日の6日には、敵将アレックス・コーラ監督が会見で「(5日に)大谷の投球は私が(2018年に)監督に就任してから対戦した中でベストの投球だった」と、最高級の表現で称賛する姿があった。打者としても活躍したが、最も大きな衝撃を与えたのは投手としての支配力だった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集