[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「優勝の順番は回ってくる」 高3から取材する記者が見た36歳横峯さくらの復活ロード

国内女子ゴルフツアー今季第3戦・Tポイント×ENEOS最終日は20日、鹿児島高牧CC(6419ヤード、パー72)で行われ、堀琴音(ダイセル)が通算9アンダーでツアー2勝目を飾った。地元鹿児島県出身でツアー通算23勝の横峯さくら(エプソン)は、通算4アンダーで9位。2018年ヨコハマタイヤPRGRレディスカップの3位以来、約4年ぶりのトップ10入りを果たした。昨年2月4日に第1児の長男・桃琉(とうり)くんを出産。主戦場を米国から8年ぶりに日本に戻した36歳が、復活の気配を感じさせた。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

約4年ぶりのトップ10入りを果たした横峯さくら、記者が感じた復活の気配とは【写真:Getty Images】
約4年ぶりのトップ10入りを果たした横峯さくら、記者が感じた復活の気配とは【写真:Getty Images】

国内女子ツアー第3戦・Tポイント×ENEOSで4年ぶりのトップ10入り

 国内女子ゴルフツアー今季第3戦・Tポイント×ENEOS最終日は20日、鹿児島高牧CC(6419ヤード、パー72)で行われ、堀琴音(ダイセル)が通算9アンダーでツアー2勝目を飾った。地元鹿児島県出身でツアー通算23勝の横峯さくら(エプソン)は、通算4アンダーで9位。2018年ヨコハマタイヤPRGRレディスカップの3位以来、約4年ぶりのトップ10入りを果たした。昨年2月4日に第1児の長男・桃琉(とうり)くんを出産。主戦場を米国から8年ぶりに日本に戻した36歳が、復活の気配を感じさせた。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 最終日1番パー5の第1打。横峯は、同組で飛ばし屋の岩井明愛、野澤真央に約10ヤード置いていかれた。だが、第2打をフェアウェーウッドで残り60ヤードまで運び、第3打はバックスピンでボールをピン側に。楽々とバーディーを奪った。昨年12月のツアー最終予選会(QT)では、21位で通過しても「いい時に比べると40%」と話していたが、今大会では「65~70%ぐらいまで戻りました」。その言葉に説得力を持たせるプレーだった。

 横峯のことは、彼女が高3の頃から取材をした。同期の宮里藍に対抗する「天才ゴルファー」と呼ばれ、父・良郎氏との二人三脚が話題だった。だが、その独特なスイングは幼少期に自身で編み出したもの。父から「プロゴルファーになれ」と期待されていた姉2人と練習場に行き、ほったらかしにされていた。そして、重いクラブをどうすれば振れて、遠くに飛ばせるかを考えてたどりついたのが、トップでヘッドを顔の下まで垂らし、遠心力をつけることだった。

 アプローチも秀逸で、グリーンまで約40ヤードのバンカーショットも砂を取らずにクリーンに打って寄せることができた。良郎氏も舌を巻き、「あれは『さくら打ち』と言って、さくらしかできんのよ。俺は手造りの練習場を作ったり、改造バスで移動させたり、練習法は伝えたけど、そんなに指導はしていない。うまくなったのはさくら自身なのよ」と話していた。

 その言葉通り、横峯は誰にも教わることなく、09年には賞金女王になり、15年に主戦場を米女子ツアーに移した。しかし、16年から長いスランプに入り、練習を重ねても、一時的にコーチをつけても感覚は戻らなかった。そして、たどり着いたのが夫・森川陽太郎さんとのスイング解析。パットのラインも一緒に読むようになった。

 出産を経て「日本に戻ってプレーする」と決めた後も、その共同作業を続けてきた。今大会も、グリーンが見えない場所からのショットの際、距離と風向きを把握した上で、横峯が「ハーフ、フルのどっちで?」と聞き、夫が「ハーフ(ショット)で」と返す場面があった。そんな感覚も夫婦で共有できていることに驚かされた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集