[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

190cm142kgを吹っ飛ばした「世界最強の男」戦慄の左ストレートに海外悶絶「痛そう」

デッドリフト501キロの世界記録を持つ俳優のハフソー・ビョルンソン(アイスランド)とデッドリフト500キロの前世界記録保持者のエディー・ホール(英国)が19日、ドバイで行われたボクシングの6ラウンド制のエキシビションマッチで激突。ビョルンソンが判定勝ちを収めた。ビョルンソンは「私が思うにテクニックは大事だ」と、自ら奪ったノックダウンを“自画自賛”している。

ハフソー・ビョルンソン【写真:Getty Images】
ハフソー・ビョルンソン【写真:Getty Images】

勝ったビョルンソンは「テクニックは大事だ」と“自画自賛”

 デッドリフト501キロの世界記録を持つ俳優のハフソー・ビョルンソン(アイスランド)とデッドリフト500キロの前世界記録保持者のエディー・ホール(英国)が19日、ドバイで行われたボクシングの6ラウンド制のエキシビションマッチで激突。ビョルンソンが判定勝ちを収めた。ビョルンソンは「私が思うにテクニックは大事だ」と、自ら奪ったノックダウンを“自画自賛”している。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 計量で152キロだった205センチのビョルンソンと、142キロだった190センチのホール。ともに「世界最強の男」コンテストで優勝経験を持つ両雄同士の対決だった。試合が大きく動いたのは3回終了間際。「ザ・マウンテン」ことビョルンソンがホールの顔面に強烈な左ストレートをお見舞いした。ホールはコーナーポスト付近に崩れ落ち、大きなダメージを食らった一撃となった。

 試合後、ビョルンソンはこの強烈左ストレートの映像を自身のインスタグラムに公開。文面に「私が思うにテクニックは大事だ」とつづるなど、“自画自賛”の一発だったようだ。ファンは「素晴らしい仕事ぶりだ」「エグい」「俺はホールを応援していたが、君は一流だった」「これだ!」「彼を倒すのはワンパンチだったね」「この試合のハイライト」「痛そう」などとコメントを残した。

 海外メディアの報道では「もし、彼がリマッチを望むのであれば受けて立つ」と話したというビョルンソン。敗れたホールも自身のインスタグラムで「願わくは再戦したい」と話していた。2人の「世界最強の男」がその怪力を再びリングの上で披露する機会はやってくるのか。これからも目が離せない。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集