[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • 日本代表と外国人監督 「なんでも聞いてくれ」の先で起きた24年前の解任劇

日本代表と外国人監督 「なんでも聞いてくれ」の先で起きた24年前の解任劇

「分からなかったら、なんでも聞いてくれ。ファルカンはくどいほど繰り返していました」――アデマール・マリーニョ 外国人監督がコミュニケーション不足を理由に解任されたのは、今回のバヒド・ハリルホジッチが初めてではない。1994年、「ドーハの悲劇」(※93年アメリカW杯アジア最終予選、イラクとの最終戦で土壇場で2-2に追いつかれ出場権を逃す)の後で日本代表監督を引き継いだファルカンが解任された際にも、同じ理由が添えられた。

ヴァヒド・ハリルホジッチ【写真:Getty Images】
ヴァヒド・ハリルホジッチ【写真:Getty Images】

ハリル以前にも電撃解任された監督が…短命に終わったファルカンジャパン

「分からなかったら、なんでも聞いてくれ。ファルカンはくどいほど繰り返していました」――アデマール・マリーニョ

 外国人監督がコミュニケーション不足を理由に解任されたのは、今回のバヒド・ハリルホジッチが初めてではない。1994年、「ドーハの悲劇」(※93年アメリカW杯アジア最終予選、イラクとの最終戦で土壇場で2-2に追いつかれ出場権を逃す)の後で日本代表監督を引き継いだファルカンが解任された際にも、同じ理由が添えられた。

「日本サッカーの父」と尊敬されたデットマール・クラマーでさえも、時には言葉が強過ぎることがあり、コーチ兼通訳の岡野俊一郎が和らげることで理解、融和を深めていった。フィリップ・トルシエの高圧的な姿勢も、今ならパワハラと非難されたかもしれない。

 ファルカン時代も、確かに一部の選手たちは隔靴掻痒(かっかそうよう)の感が拭えなかった。特に「最も数多く質問をした」と語る遠藤雅大などは、サイドバックに転向したばかりだったこともあり、他のポジションの選手たちとの連携面での確認を詰めたかったが、明解な答えを引き出すことはできなかった。

 だがファルカンが、選手たちとのコミュニケーションを拒んだ形跡はない。当初代表チームには、通訳が一人しかいなかった。これでは無理が生じたので、94年秋のアジア大会を前にブラジル時代から旧知で、JSL(日本サッカーリーグ)でも活躍したアデマール・マリーニョが、二人目の通訳として着任した。

1 2

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー