[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、「見えないパンチ」の威力 元世界王者、ディパエン戦で見えた凄さを解説

ボクシングの元WBC世界ライトフライ級チャンピオンである木村悠氏が、ボクサー視点から競技の魅力や奥深さを伝える連載「元世界王者のボクシング解体新書」。今回は14日に行われた井上尚弥(大橋)とアラン・ディパエン(タイ)の世界戦を分析し、王者の強さを解説している。

ディパエン戦で見せた井上尚弥の凄さとは?【写真:荒川祐史】
ディパエン戦で見せた井上尚弥の凄さとは?【写真:荒川祐史】

連載「元世界王者のボクシング解体新書」:ディパエン戦で効果的だった井上のジャブ

 ボクシングの元WBC世界ライトフライ級チャンピオンである木村悠氏が、ボクサー視点から競技の魅力や奥深さを伝える連載「元世界王者のボクシング解体新書」。今回は14日に行われた井上尚弥(大橋)とアラン・ディパエン(タイ)の世界戦を分析し、王者の強さを解説している。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の無料会員登録はこちらから

   ◇   ◇   ◇

 14日、東京両国国技館でWBAスーパー&IBF世界バンタム級タイトルマッチが行われ、統一王者の井上尚弥が挑戦者のWBA10位&IBF5位アラン・ディパエンと対戦した。試合では井上がディパエンを8ラウンドTKOで下し、WBA&IBFのタイトル防衛に成功した。

 井上の試合が始まると、会場が一斉に静まり返った。一撃必殺の井上の試合では、いつ試合が終わってもおかしくない。その一瞬を見逃さないために、客席の空気も張り詰める。

 観客の期待も高く、井上が見栄えの良いパンチを放つだけで、会場からどよめきが起こるほどだった。挑戦者のディパエンは驚異の打たれ強さを見せ、井上のパンチを浴びても耐え忍んでいた。

 試合では井上のジャブが効果的だった。井上の左は見えにくく、ジャブでもかなりの威力がある。相手としたら厄介なパンチだ。モーションがないので、反応すらできずにもらってしまう場面もあった。

 通常はパンチを打とうとすると、蹴り足や肩の動きなどの予備動作が出てしまう。相手はそれを見て反応するが、井上の場合、打つ気配がないため反応できない。また、ディフェンス能力も優れているため、今回の試合でもほとんどクリーンヒットをもらわなかった。

 反射神経が良いので、相手が打とうとするとフットワークでかわし、同じ場所にいない。パンチが当たらないため、相手としたら焦りも出てくるだろう。それに加えて、ズバ抜けたパンチ力を持っている選手だ。井上の放つパンチは他の選手と音が違う。一発でもまともに入れば、もう立ち上がることはできない重さがある。

 強いパンチと速いパンチを強弱つけて打ち込んでくるので、すべてを警戒しなければならない。井上とスパーリングを経験した選手に話を聞いたことがあるが、「スパーリングをしに行くのが毎回憂鬱になる」と話すほどだった。

 相手の打ち終わりにパンチを合わせるカウンターも、井上の得意なパンチだ。不用意にパンチを打つと、それに対して、予想だにしないパンチを打ち返してくる。見えないパンチは効くので、それをもらったらひとたまりもないだろう。

 今回の相手は、ディフェンス重視の戦い方だった。もっとリスクを冒して攻めていれば、早いラウンドで井上のカウンターの餌食になっていただろう。

1 2

木村 悠

1983年生まれ。大学卒業後の2006年にプロデビューし、商社に勤めながら戦う異色の「商社マンボクサー」として注目を集める。2014年に日本ライトフライ級王座を獲得すると、2015年11月には世界初挑戦で第35代WBC世界ライトフライ級チャンピオンとなった。2016年の現役引退後は、株式会社ReStartを設立。解説やコラム執筆、講演活動、社員研修、ダイエット事業など多方面で活躍。2019年から『オンラインジム』をオープンすると、2021年7月には初の著書『ザ・ラストダイエット』(集英社)を上梓した。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集