[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「育てながら勝つ」 レバンガ北海道の新指揮官、佐古賢一が示す若手の活かし方とは

Bリーグは世界のバスケットボール界でも、“選手の平均年齢が最も高いリーグ”と聞いたことがある。

チームを背負う人気選手、中野司【写真:B.LEAGUE】
チームを背負う人気選手、中野司【写真:B.LEAGUE】

Bリーグの市民クラブが目指す独自のスタイル

 Bリーグは世界のバスケットボール界でも、“選手の平均年齢が最も高いリーグ”と聞いたことがある。

【特集】身近になったフィギュアスケート 元トップ選手が伝えたい競技の魅力 / フィギュアスケート・中野友加里さんインタビュー(GROWINGへ)

 ヨーロッパなら傘下のユースチームから選手をどんどん引き上げる仕組みがある。だからリッキー・ルビオ(キャバリアーズ)は14歳11か月、ルカ・ドンチッチ(マーベリックス)は16歳2か月でトップデビューを果たした。アメリカは日本と同様に大学バスケが育成のメインルートだが、エリート選手は中退して19歳や20歳でNBAのコートに立つ。対する日本は「22歳のプロ入り」が一般的で、どうしてもプロ選手の平均年齢も高くなる。

 ただ、レバンガ北海道は若手を積極的に起用し、“育てながら勝つ”戦いを見せている。B1はまもなく中盤戦だが、ここまでの戦績は9勝10敗とまずまず。102-93の逆転勝利を挙げた12月15日の茨城ロボッツ戦は23歳の山口颯斗、25歳の葛原大智と中野司がそれぞれ20分以上のプレータイムを得ていた。

 佐古賢一ヘッドコーチ(HC)は「ミスターバスケットボール」の二つ名で知られる往年の名選手。今年3月には日本人として2人目となる、FIBA(国際バスケットボール連盟)殿堂入りを果たしたレジェンドだ。学生時代からの友人である折茂武彦社長との縁もあり、今季からレバンガの指揮を執っている。

 レバンガは典型的な市民クラブで、人件費もB1の22チームの中では下から数える方が早いだろう。佐古HCは述べる。

「ビッグクラブは、お金でいろんなことが解決できるかもしれませんけど、より多くのチームは選手を育てながらチームを形成していくスタイルを求めています。我々も例外ではなく、若い選手をしっかりゲームに起用して、経験値を上げて、チームに貢献できる存在となるように日々頑張っています」

 目指すスタイルは“ディフェンスファースト”だ。

「オフェンスは水ものです。我々はタレントが数多くいるチームではないので、ディフェンスのチームとして、一人ひとりができる範囲の全力をコートで出そうということでチームを形成しています」

 100点以上を奪って勝利した試合後でも、こう釘を刺していた。

「103点を取れたことに、選手たちが勘違いしないようにしたい。我々は80点を取って、70点台に抑えていくゲームをしっかり心がけて今後も戦う」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集