[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

結成2年で日本歴代最高点を連発 フィギュア村元&高橋を北京五輪へ“前進”させた言葉

高橋の心に残った言葉「今の貴重なこの瞬間を大切に楽しみなさい」

 大会には、2人のコーチであるマリーナ・ズエワが駆けつけた。ズエワは大会期間中、2人に言葉をかけ続けた。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 村元が印象に残っているのは次の言葉だ。

「何をするかじゃなくて、今、自分たちができるものをどう見せるかが一番大事だよ」

 村元はこのように受け止めたという。

「やはり、トップのチームとどうしても比べてしまったりする時もあるんですけど、比べたところで変わらない、何もいいことはないので、今自分たちができることを、どういう風に表現してパフォーマンスするかが大事だな、と。マリーナに言われてそれを意識してやった結果、いい評価も得られたし、表現面でも昨シーズンよりできたのかな、と」

 高橋はズエワから「今の経験は今しかできないから、今を楽しみなさい」と毎日言われ続けたことを前置きとして、心に残る言葉があったと言う。

「『お客さんもあなたのスケートが見たくて、楽しみに応援してくれているのだから』と言われ、『上手くやらなきゃ』でなく『どうやって楽しんでもらえるか』を考えながら滑りました。『自分たちが楽しまないと周りに伝わらない、今の貴重なこの瞬間を大切に楽しみなさい』と言われて、緊張感は高かったけれど、楽しむことを一番に演技することができたので、上手くいったのかなと思います」

 2人が目標に掲げるのは、北京五輪出場。だが、アイスダンスの日本の出場枠は「1」のみ。しかもここまで日本のアイスダンスを牽引してきた小松原美里、小松原尊(ティム・コレト)組がいる。NHK杯にも出場していたから、村元の言うように意識せざるを得ない局面はあっただろう。高橋がたびたび「緊張」と語ったのも無理のない状況があった。

 ズエワはそれらを解きほぐすために必要な言葉を2人に与えた。コーチそして振付師として、長年、世界のトップスケーターをはじめ多くの選手を見てきたズエワだからこそだった。

1 2 3

松原 孝臣

1967年生まれ。早稲田大学を卒業後、出版社勤務を経てフリーライターに。その後スポーツ総合誌「Number」の編集に10年携わり、再びフリーとなってノンフィクションなど幅広い分野で執筆している。スポーツでは主に五輪競技を中心に追い、夏季は2004年アテネ大会以降、冬季は2002年ソルトレークシティ大会から現地で取材。著書に『高齢者は社会資源だ』(ハリウコミュニケーションズ)、『フライングガールズ―高梨沙羅と女子ジャンプの挑戦―』(文藝春秋)、『メダリストに学ぶ前人未到の結果を出す力』(クロスメディア・パブリッシング)などがある。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集