[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

結成2年で日本歴代最高点を連発 フィギュア村元&高橋を北京五輪へ“前進”させた言葉

コロナの影響により、以前のように観客席から声援を送ることはできない。それでも立ち上がって拍手を送る人々の姿から伝わるのは、心からの「歓声」だった。その真ん中に、村元哉中と高橋大輔(関大KFSC)の笑顔があった。

NHK杯でリズムダンス、フリーダンス、合計全てで日本歴代最高得点を記録した村元哉中(手前)と高橋大輔【写真:Getty Images】
NHK杯でリズムダンス、フリーダンス、合計全てで日本歴代最高得点を記録した村元哉中(手前)と高橋大輔【写真:Getty Images】

「スポーツの言葉学」、マリーナ・ズエワが引き出した力

 コロナの影響により、以前のように観客席から声援を送ることはできない。それでも立ち上がって拍手を送る人々の姿から伝わるのは、心からの「歓声」だった。その真ん中に、村元哉中と高橋大輔(関大KFSC)の笑顔があった。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の無料会員登録はこちらから

 11月12、13日、東京・代々木第一体育館で行われたフィギュアスケートのNHK杯。アイスダンスの村元と高橋はリズムダンス70.74点、フリーダンス108.76点、合計179.50点と、そのすべてで国際スケート連盟公認における日本歴代最高得点をマークし、2組が出た日本勢で上位の6位で大会を終えた。

 結成して2シーズン目だ。しかも高橋にとっては、足を本格的に踏み入れて2年も経っていない新たな世界だ。それを思わず忘れるほど、1年前のNHK杯から長足の進歩を見せた。

 リフト、スピンともに最高レベルであるレベル4を獲得し、GOE(出来栄え点)もすべて加点を得た。リフトの安定感も昨年とは大きく異なる。

 技術面ばかりではない。プログラム全体に和の装いが広がるリズムダンスの『ソーラン節&琴』、クラシックバレエの名作に基づくフリーダンスの『ラ・バヤデール』と、対照的な世界観を体現してみせた。

 2人にも、確かな手応えがあった。

 村元は言う。

「自分たちが練習してきたことを発揮できて、表現面も昨シーズンと比べて、すごく余裕をもって滑れたと思います。不安要素がなく、エレメンツ(要素)に一つひとつ挑めているなと演技を通して感じました」

 高橋も笑顔だった。

「リズムダンス、フリーともに大きな舞台を終えることができたので一つ自信になりました。緊張感が非常にありましたけど、落ち着いて演技できたのは、練習をちゃんとできていたからかな、と」

 この話でも、それ以外でも、しばしば「緊張」という単語が聞かれた。それに押し潰されず、集中して力を発揮できた背景に、ある「言葉」があった。

1 2 3

松原 孝臣

1967年生まれ。早稲田大学を卒業後、出版社勤務を経てフリーライターに。その後スポーツ総合誌「Number」の編集に10年携わり、再びフリーとなってノンフィクションなど幅広い分野で執筆している。スポーツでは主に五輪競技を中心に追い、夏季は2004年アテネ大会以降、冬季は2002年ソルトレークシティ大会から現地で取材。著書に『高齢者は社会資源だ』(ハリウコミュニケーションズ)、『フライングガールズ―高梨沙羅と女子ジャンプの挑戦―』(文藝春秋)、『メダリストに学ぶ前人未到の結果を出す力』(クロスメディア・パブリッシング)などがある。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集