[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

拳四朗VS矢吹に見るボクシングと“バッティング” 絶妙な距離感を狂わせた要因とは

ボクシングの元WBC世界ライトフライ級チャンピオンである木村悠氏が、ボクサー視点から競技の魅力や奥深さを伝える連載をスタート。2回目となる今回は、9月に行われたWBC世界ライトフライ級タイトルマッチで起こった“バッティング騒動”について、元ボクサーとしての自身の経験と見解を示している。

9月に行われた世界戦の10回、寺地拳四朗(右)にボディーを放つ矢吹正道【写真:アフロ】
9月に行われた世界戦の10回、寺地拳四朗(右)にボディーを放つ矢吹正道【写真:アフロ】

連載「元世界王者のボクシング解体新書」: 競技の性質上、バッティングはよくある

 ボクシングの元WBC世界ライトフライ級チャンピオンである木村悠氏が、ボクサー視点から競技の魅力や奥深さを伝える連載をスタート。2回目となる今回は、9月に行われたWBC世界ライトフライ級タイトルマッチで起こった“バッティング騒動”について、元ボクサーとしての自身の経験と見解を示している。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の無料会員登録はこちらから

   ◇   ◇   ◇

 ボクシングの前WBC世界ライトフライ級王者・寺地拳四朗(BMB)陣営は8日、王座陥落となった9月22日の矢吹正道(緑)との世界戦の裁定を巡り、日本ボクシングコミッション(JBC)に質問状を送ったものの、その回答に不満を表明した。陣営側は9ラウンドで拳四朗が右目上を切って流血したが、直前に故意のバッティング(頭での相手への打撃)があったのではないかとして、JBCの見解を求めていた。

 9月に行われたこの試合は、絶対王者として君臨する拳四朗に、矢吹が挑戦者として初の世界戦に臨む注目の一戦だった。矢吹はこの階級では破格のパンチャーで、91%のKO率を誇る。

 前半は拳四朗も手数が少なく、矢吹が拳四朗の打ち終わりにパンチを合わせてペースを握り、途中採点は2-0で矢吹がリードした。ポイントを取られ焦りを見せた拳四朗は、距離を詰めてポイントを取りに行った。

 これまでの世界戦ではリードすることが多く、8戦全勝5KOと抜群の安定感を見せていた拳四朗。しかし、この日はリードを許し、追っていく展開となった。距離も詰まり、打ち合いが強い矢吹の間合いに引き込まれていく。8ラウンドではさらに点差が開き、3-0と矢吹にリードを許した。

 焦った拳四朗は、勝負をかけて前に出た。9ラウンド、問題とされるシーンが起きた。矢吹が飛び込みながら前に出た時、ヘッドバットのような形となり拳四朗がカット。レフェリーはパンチによるヒッティングの傷だと判断した。

 ヒッティングとしてのカットの場合、途中で試合が止まると拳四朗のTKO負けとなる。そのため拳四朗は次の10ラウンドに勝負をかけ、激しい打ち合いを仕掛けたが、逆に矢吹の返り討ちにあいTKO負けを喫した。

 ボクシングでは競技の性質上、バッティングはよくある。特に近い距離での打ち合い時では、前に出ようとすると両者の頭が当たってしまう。

 両者の頭が当たっても当てた方より当たった方がカットしやすく、特に目の上や額はカットしやすい。私も経験があるが、顎を引いた状態では切りにくく、逆に顎が上がった状態の時に頭が当たると切りやすい。ボクシングでのカットはパンチでのヒッティングもあるが、ほとんどの原因はバッティングだ。

1 2

木村 悠

1983年生まれ。大学卒業後の2006年にプロデビューし、商社に勤めながら戦う異色の「商社マンボクサー」として注目を集める。2014年に日本ライトフライ級王座を獲得すると、2015年11月には世界初挑戦で第35代WBC世界ライトフライ級チャンピオンとなった。2016年の現役引退後は、株式会社ReStartを設立。解説やコラム執筆、講演活動、社員研修、ダイエット事業など多方面で活躍。2019年から『オンラインジム』をオープンすると、2021年7月には初の著書『ザ・ラストダイエット』(集英社)を上梓した。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集