[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

たった「0.17点差」で五輪を逃した中野友加里 3年間引きずった2009年12月27日の記憶

スポーツ界を代表する元アスリートらを「スペシャリスト」とし、競技の第一線を知るからこその独自の視点でスポーツにまつわるさまざまなテーマで語る「THE ANSWER」の連載「THE ANSWER スペシャリスト論」。フィギュアスケートの中野友加里さんがスペシャリストの一人を務め、自身のキャリア、フィギュアスケート界などの話題を定期連載で発信する。

2009年全日本選手権、「火の鳥」を演じたフリー後にうつむいた中野友加里さん【写真:アフロ】
2009年全日本選手権、「火の鳥」を演じたフリー後にうつむいた中野友加里さん【写真:アフロ】

「THE ANSWER スペシャリスト論」フィギュアスケート・中野友加里

 スポーツ界を代表する元アスリートらを「スペシャリスト」とし、競技の第一線を知るからこその独自の視点でスポーツにまつわるさまざまなテーマで語る「THE ANSWER」の連載「THE ANSWER スペシャリスト論」。フィギュアスケートの中野友加里さんがスペシャリストの一人を務め、自身のキャリア、フィギュアスケート界などの話題を定期連載で発信する。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の無料会員登録はこちらから

 今回は「中野友加里とオリンピック」前編。2022年北京五輪が控えるフィギュアスケート界は10月からグランプリ(GP)シリーズが始まり、本格的にシーズンに突入した。現役時代、バンクーバー五輪代表選考を兼ねた全日本選手権で「0.17点差」で五輪切符を逃した経験を持つ中野さん。当時の舞台裏を明かし、アスリートにとっての五輪挑戦の価値を語る。(取材・文=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

 ◇ ◇ ◇

 中野友加里というスケーターのキャリアで語り継がれる大会の一つは、あの冬の大阪だろう。

 2009年12月、全日本選手権。翌年2月に迫ったバンクーバー五輪の代表選考を兼ねた大舞台は、スポーツ界の注目の的になっていた。GPファイナル2位に入っていた安藤美姫がすでに代表当確。3枠あるうちの残り2枠を浅田真央、鈴木明子らと争う構図だった。

 フジテレビに就職が内定し、このシーズン限りで引退することが決まっていた中野さん。しかし、フリーの後に行われた表彰台で立っていたのは「3」と書かれた場所だった。1位の浅田、2位の鈴木が代表内定し、3位の中野さんは落選。2位との差はわずか「0.17」――。

「0.17点差でも0.01点差でも(2位が)上。状況を考えても『ああ、これで終わったな』と。どうやって親に顔を見せよう、なんて話せばいいんだろう、謝った方がいいのかな、辞めると伝えた方がいいのかな……。いろんなことが頭の中を駆け巡り、ずっと泣いていました」

 五輪を「人生の目標だった」と表現する。

「その時、私にはスケートしかなかったので。『スケート人生』から『スケート』という文字を取ってしまってもいいくらい“人生そのものとしての目標”でした」。憧れが芽吹いたのは小学生時代。同じリンクで練習していた同郷の伊藤みどりの姿を見て、無垢に信じた。

「大きくなったら、私もきっとオリンピックに出られるんだ」。憧れはキャリアを重ねるごとに、夢としてくっきりと輪郭を帯びた。競技人生でチャンスがあったのは2度。1度目は2006年トリノ五輪。20歳で2005年のGPシリーズNHK杯優勝。GPファイナル3位に入り、スポットライトを浴びた。

「当時は五輪代表候補という立ち位置でもありませんでした。周りの選手からすれば『あら、あなたいたの?』くらい。でも、とんとん拍子に結果を残せたし、自分にとっての目標は五輪だったので、出られるものなら出たいと思い、近い存在になってきたシーズンでした」

 全日本選手権は5位に終わり、五輪代表を逃したものの、トリノ五輪直後の世界選手権代表に選出された。この年から3年連続で代表を掴み、5位、5位、4位とトップ5に入ったほか、冬季アジア大会優勝、全日本選手権2年連続表彰台など着実に実績を積み、トップ選手の仲間入り。そして、24歳となったバンクーバー五輪シーズン。GPシリーズ2戦(3、4位)を経て迎えたのが、全日本選手権だった。

 大阪・門真、なみはやドーム。五輪切符を巡る日本フィギュアスケート史上屈指の激戦は、この舞台で繰り広げられた。

1 2 3

中野 友加里

THE ANSWERスペシャリスト フィギュアスケート解説者

1985年8月25日生まれ。愛知県出身。3歳からスケートを始める。現役時代は女子史上3人目の3回転アクセル成功。スピンを得意として国際的に高い評価を受け、「世界一のドーナツスピン」とも言われた。05年NHK杯優勝、GPファイナル3位、08年世界選手権4位など国際舞台でも活躍。全日本選手権は表彰台を3度経験。10年に現役引退後、フジテレビに入社。スポーツ番組のディレクターとして数々の競技を取材し、19年3月に退社。現在は講演活動を行うほか、審判員としても活動。15年に一般男性と結婚し、2児の母。YouTubeチャンネル「フィギュアスケーター中野友加里チャンネル」も人気を集めている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集