[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

東京五輪で考える日本と世界の性教育の差 選手村で配られるコンドームから見えること

大人が月経教育、性教育から目を逸らさず、子供たちと向き合うこと

 しかし、私自身も現役時代は知識不足でした。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の無料会員登録はこちらから

 発展途上国では性暴力が未だに残る過酷な環境があり、エイズによって命が奪われている現状が今でもある国がある。そういう現状を知らず、配布の意図も知らなかった。日本代表でも説明されることがなかった。そういう知識を早くから得ていたかったと、今になって思います。

 変わっていくために、まずは大人が月経教育、性教育から目を逸らさず、子供たちと向き合うこと。

「1252プロジェクト」の講義は若い男の子も受けてもらっています。「月経の仕組みを知ってますか?」というクイズを出しながら一緒にやっていると、最初はおちゃらけているんですけど、だんだん真剣な顔になっていく。男の子たちも「こんなに大変だったんだ、月経って」と知る。

 大人が真剣に向き合おうとしない姿勢は子供たちに伝わります。「口に出すのが恥ずかしい」「月経の話題は隠れてするもの」と思っていたらいけない。講義で触れた男の子のように、大人の振る舞い次第で受け止めてくれるはずです。

 もう一つ、スポーツ界で「隠れてするもの」という意識を感じるのは恋愛です。私が10代の頃は「恋愛=悪」という風潮がありましたが、フランス人のコーチに言われたのは「恋愛の何がダメなの? やる気、出ないじゃないか。いい結果を出して誰が褒めてくれる?」と。

 同じような縛りはいろんなところにあります。社会人なのに携帯電話を禁止にしている、休日は当日に伝えて予定を立てないようにさせている。最近では「日焼け止めを塗ってはいけない」というルールがあると聞き、理由は「日焼けしている方が強そうだから」で驚きました。

 スポーツを通して、世界の人たちと関われる瞬間があるのに、すごく狭い世界にいる。競技がすべて、練習がすべて。世の中を知らない方が結果が出るという論調も悲しい。では、競技人生が終わったらどうなるのか。心配してしまうシチュエーションが多くあります。

 すべて自分の選択だと思います。競技にとって良さそうだと思ったら恋愛もしたらいいと思うし、自分にあまり向いていないと思ったらやめればいい。一人一人がしっかりと考え、尊重される。その視点が、これからの時代は必要であると感じます。

(THE ANSWER編集部・神原 英彰 / Hideaki Kanbara)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集