[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

兄と慕った松田直樹との別れ 天野貴史の10年目「名前を呼ばれる声が耳から消えない」

かつて日本サッカー界に輝く唯一無二のDFがいた。松田直樹。横浜F・マリノスで背番号3を着け、日本人離れした身体能力で数多のFWを封じ、2002年ワールドカップ(W杯)日韓大会で日本代表の16強に貢献。プレーはもちろん、歯に衣着せぬ言動とカリスマ性で選手、ファンに愛された。しかし、2011年の夏、所属していた松本山雅の練習中に急性心筋梗塞で倒れ、8月4日、帰らぬ人に。34歳の若さだった。早すぎる別れから、もう10年――。

2010年シーズンの松田直樹さん【写真:Getty Images】
2010年シーズンの松田直樹さん【写真:Getty Images】

連載「松田直樹を忘れない 天国の背番号3への手紙」9通目 天野貴史

 かつて日本サッカー界に輝く唯一無二のDFがいた。松田直樹。横浜F・マリノスで背番号3を着け、日本人離れした身体能力で数多のFWを封じ、2002年ワールドカップ(W杯)日韓大会で日本代表の16強に貢献。プレーはもちろん、歯に衣着せぬ言動とカリスマ性で選手、ファンに愛された。しかし、2011年の夏、所属していた松本山雅の練習中に急性心筋梗塞で倒れ、8月4日、帰らぬ人に。34歳の若さだった。早すぎる別れから、もう10年――。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 節目の年に合わせた「THE ANSWER」の連載「松田直樹を忘れない 天国の背番号3への手紙」。その功績と人柄を語り継ぐため、生前にゆかりがあった選手・関係者らが登場し、命日となる8月4日まで連日、想いを明かす。第9回は元横浜F・マリノスMFで現在は自動車メーカーで働く天野貴史さん。ジュニアユース時代から「松田直樹は憧れ」だったといい、兄のように慕っていた後輩が語る松田さんの記憶とは。(構成=THE ANSWER編集部)

 ◇ ◇ ◇

 マツさんが倒れたあの日、横浜F・マリノスの練習終わりで自主練習をしていたんです。チームマネージャーがグラウンドに走ってきて「マツが倒れた」って。そこからはもう茫然としていました。松本に行ったのは数日後。オグ(小椋祥平)と(長谷川)アーリア(ジャス―ル)、チームメート数人で一緒に向かいました。これでもう生きているマツさんに会うのは最後だからと。

 病院のベッドに寝ている姿は、普通に自宅のベッドで寝ているマツさんでした。本当にきれいで。これが最後だからちゃんとお別れしなきゃと言われても「これ、本当なの?」って。今年で亡くなって10年経つというけど、僕はいまだに本当に実感がないんです。信じたくないだけかもしれないけど、「アマ~」っていつものようにフラっと現れそうだし、なんならマツさんから名前を呼ばれる、あの声や感覚が耳から消えないんです。

 僕は横浜F・マリノスの育成組織出身なので、トップに上がる前からマツさんを見ていたけど、雲の上の存在みたいな人でした。初めて一緒にプレーしたのは、僕がまだユースに所属していた頃のACLでした。練習で「あ、松田直樹がいる!」って思ったのを今でも鮮明に覚えています。めちゃくちゃかっこよかった。

 プロ1年目の秋ぐらいだったかな。(河合)竜二さんに誘われてマツさんの自宅に招かれて食事をしたことがあって、それがきっかけで仲良くなりました。チームでも、プライベートでも一緒にいる時間が長くなり、いろんなマツさんを見てきたけど、かっこいいというイメージは変わらなかった。それに、本当にサッカー大好きなんだってことも。だってマツさん家に遊びに行くと、ずっとテレビでサッカーが流れているんですから。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集