[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「なぜ日本国民はここまで五輪にネガティブか」 来日の米紙記者が考察した違和感の正体

「スポーツの力がネガティブな意見を抑え込むのか」

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、東京五輪は開催が1年延期されました。日本政府や東京都、大会組織委員会、IOC(国際オリンピック委員会)との協議の結果、導き出された答えですが、ここで日本は「五輪開催よりも人の命を守る方が大切。今回は中止しましょう」と主張し、開催国として新たな価値観を世界に示すチャンスだったと思います。商業化する五輪開催よりも人道的な意義を選択するという考えは、少なくとも米国にはありませんから。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 結局、五輪開催の1年延期という道を選んだ日本は、国内のコロナ対策で感染拡大を抑えきれず、ワクチン接種でも世界から遅れをとっています。長らく外食を制限され、イベント開催も見送られるなど我慢を強いられてきた日本の人々が“スポーツの祭典”だけ特別扱いされ、海外から何万という五輪関係者を迎え入れることに不満や不安を覚えることは無理もありません。

 五輪に出場するアスリートたちに罪はなく、そこに対して日本社会で大きく膨らんだネガティブな想いが向けられることはないと思います。それでも大会開催そのものに対するネガティブキャンペーンが収まるのか。スポーツの力がネガティブな意見を抑え込むのか。そして、東京五輪がどんな大会として記憶されるのか。興味深く取材にあたろうと思います。

(THE ANSWER編集部・佐藤 直子 / Naoko Sato)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集