[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「障がい者スポーツと医療を繋ぐ」 パラアスリート瀬立モニカが描く東京パラの先

カヌー選手としてプレーしながら、医療の道へ背中を押した二つの出来事とは【写真提供:一般社団法人 ILC】
カヌー選手としてプレーしながら、医療の道へ背中を押した二つの出来事とは【写真提供:一般社団法人 ILC】

子どもの頃から憧れた医療従事者という職業 背中を押した二つの出来事

 きっかけは両親にある。父が医者で、母は看護師。身近に医療従事者がいる環境で育ち、「自分もなりたいという漠然とした夢がありました」と振り返る。実際にはカヌーを究める道を選び、そのためにもしっかりスポーツを学びたいと筑波大学体育専門学群に進学。科学的な視点からスポーツを研究するが、心の片隅には常に幼い頃からの夢があった。

 医者になりたいという気持ちを後押しする出来事もあった。その一つが、高校1年の時、体育の授業中に起きた事故での出会いだった。カヌー選手として2013年の東京国体出場を目指していたが、倒立前転で体勢を崩して頭から落下。脊椎を損傷し、車いす生活となった。目の前が真っ暗になる思いだったが、車いすでの復学を高校に掛け合ったり、前向きな声掛けをしてくれる存在があった。

「主治医の先生がとてもいい方で、生きる夢や希望を与えてくれるような方でした。その先生のおかげもあって、自分が腐らずに前を向いて進むことができたので、自分もそういうドクターになりたいと思いました」

 もう一つが、リオデジャネイロパラリンピックだ。この時、日本代表選手団に同行した医師の一人が、筑波大学附属病院に勤める羽田康司医師だった。同じ筑波大学所属ということもあり親近感を覚えた羽田医師が、選手村で活躍する姿を目の当たりにし、「ドクターの立場からスポーツを支える姿がすごく格好いいと思いました」。スポーツをする立場ではなく、見る立場でもなく、「支える立場という視点からスポーツを見ることができて、とても興味深かったです」と感じると同時に、現役を終えた後の目標が具体的に見えてきた。

「スポーツドクターはたくさんいても、自分で障がいを持つスポーツドクターって今まで聞いたことがないんです。なので、私が草分け的存在になれたら、もっと日本の障がい者スポーツが発展するお手伝いをできるんじゃないかと思っています。パイオニアになれたら、と」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集