[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、球宴右腕から173km驚速同点二塁打 米記者仰天「レーザーのような二塁打」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、本拠地でのレッドソックス戦に「2番・投手」で先発。初回の第1打席では打球速度107.5マイル(約173キロ)の弾丸同点二塁打を放った。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

レッドソックス戦で投打同時出場

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、本拠地でのレッドソックス戦に「2番・投手」で先発。初回の第1打席で打球速度107.5マイル(約173キロ)の弾丸同点二塁打を放った。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 大谷が自分で自分を援護した。初回に1点を失った後の攻撃。無死二塁での第1打席だ。1ストライクからの2球目、オールスターに出場する右腕イオバルディの低めに沈む89マイル(約143キロ)を強烈に叩くと、弾丸のように飛び出したライナーが右翼線へ。フレッチャーを生還させる、打球速度107.5マイルの同点ツーベースとなった。

 凄まじい打球にツイッター上の米記者も早速、驚いている。AP通信のグレッグ・ビーチャム記者は「初回、ショウヘイ・オオタニが右翼フェンス直撃の適時二塁打をオールスター投手のネーサン・イオバルディから放った。出場80試合目で68打点となった」と速報。MLB公式サイトのエンゼルス番レット・ボリンジャー記者も「ショウヘイ・オオタニは初回に先制点を許したが、適時二塁打で取り返した。1-1の同点」と伝えた。

 MLB公式サイトのレッドソックス番イアン・ブラウン記者は「エンゼルス打線がイオバルディに襲い掛かる。連続二塁打。2本目はオオタニによるレーザーのような二塁打だった」と打球速度に目を見張っていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集