[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「障がい者スポーツと医療を繋ぐ」 パラアスリート瀬立モニカが描く東京パラの先

2016年リオデジャネイロ大会に続き、この夏、東京で2度目のパラリンピックに挑む選手がいる。パラカヌーの瀬立モニカ選手だ。こぼれるような笑顔が魅力的なパラリンピアンは、2019年に行われたパラカヌー世界選手権ハンガリー・セゲド大会で5位に入賞し、東京パラリンピックの出場権を手に入れた。

パラカヌー日本代表の瀬立モニカ【写真:Getty Images】
パラカヌー日本代表の瀬立モニカ【写真:Getty Images】

2016年のリオデジャネイロに続き、2大会連続でパラカヌー日本代表に

 2016年リオデジャネイロ大会に続き、この夏、東京で2度目のパラリンピックに挑む選手がいる。パラカヌーの瀬立モニカ選手だ。こぼれるような笑顔が魅力的なパラリンピアンは、2019年に行われたパラカヌー世界選手権ハンガリー・セゲド大会で5位に入賞し、東京パラリンピックの出場権を手に入れた。

【特集】甦った風を切る感覚と身体を動かす喜び パラカヌー界の星が語る原点 / パラカヌー・瀬立モニカ選手インタビュー(GROWINGへ)

 出場するのはカヤック種目で、パドルの両端についたブレードで、艇の左右を交互に漕ぎながら前進。レースに出場する艇が一直線に並び、200メートル先のゴールを目指すスプリントレースだ。「水上のF1」とも呼ばれる競技で圧倒的なスピードが観る者を惹きつける。

 瀬立は障がいが最も重いL1クラス(体幹の機能がなく胴体を動かすことが困難で、肩と腕を使って漕ぐ選手)でメダルを狙う。パラリンピック初出場となったリオデジャネイロでは8位入賞を飾ったが、「ラッキーがラッキーを呼んでの入賞という感じでした」と苦笑い。「トップの選手から10秒くらい話されてのゴールで『こんなに恥ずかしい思いをするんだ』と、あまりにも情けないレースでした」と悔しさが残る。

 リオデジャネイロから帰国後、在籍する筑波大学で練習の環境整備に取り組み、まずは基礎体力、カヌーに必要な筋力アップに専念。下地作りにおよそ2年を費やし、2018年からは実際にカヌーを操る技術に反映させた。コロナ禍による開催延期もあり、ここまで4年余りを支えてくれたコーチや練習をサポートしてくれるスタッフ、そして家族を含めたチーム・モニカの想いに応えるべく、生まれ育った江東区にある海の森水上競技場で表彰台を目指す。

 パラリンピックでの優勝とは別に、瀬立にはもう一つ、叶えたい目標がある。それは「スポーツドクターになって、障がい者スポーツと医療を繋ぐ草分け的存在になること」だ。

「筑波大学を卒業して、競技も一段落ついたら、医学の道にチャレンジしてみたいという思いがあります」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集