[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【月間表彰】日本の闘将が“遠藤の後継者”に指名 川崎22歳の芸術弾「簡単じゃない」

最大の長所は「結局難しいプレーをしない」こと

 五輪代表戦のテレビ解説でも闘莉王氏は若きゲームメーカーを常々評価しているが、レベルの違いはどこに存在するのだろうか。

「クレバーな部分。彼は特段スピードがあるわけではないし、ドリブルがものすごくうまいわけではない。その代わりに、タイミングが本当にいい。何のタイミングかと言えば、この局面でパスを出すか、ドリブルをするか、前に入るのか。選手が入れ替わるタイミングを読める。パスを受ける時に顔を出すタイミングもいい。ここに顔を出せば、パスが出てくるというポイントが分かっている」

 次の局面を読み、最善のプレーを選択できる知性こそが、22歳田中の長所と闘莉王氏は分析している。

「結局難しいプレーをしない。それは、すごいポイント。遠藤選手のようなイメージ。『本当にこんなに簡単にサッカーはできるの?』というぐらい、難しいプレーをする必要がない。田中選手を見ていても、ヤットの姿を思い出す。あまり難しいことをしないし、する必要がない」

 日本代表通算152試合出場15得点、そして、J1史上最多試合出場記録を保持するレジェンドの遠藤と田中の成長曲線を重ねていた闘莉王氏。

「彼の今後の成長を楽しみにしている。さらにいろいろな引き出しを身につけることを期待している。遠藤のような伝説のボランチにまでにたどり着いてほしい。それぐらいの能力はある。簡単な道ではないが、乗り越えられる力はあると思う」

 日本サッカー界の闘将として知られた男は次世代の日の丸を牽引するゲームメーカーの開花に大きな期待を寄せていた。

■田中マルクス闘莉王

 1981年4月24日生まれ、ブラジル出身。渋谷教育学園幕張高を卒業後、2001年にJ1広島でプロデビュー。06年に浦和のリーグ初優勝に貢献し、同年のJリーグMVPに輝く。07年にACL優勝、名古屋移籍後の10年に自身2度目のJ1制覇。03年の日本国籍取得後は日本代表としても活躍し、04年アテネ五輪、10年南アフリカW杯に出場。日本代表43試合8得点の成績を残した。19年12月にJ2京都で現役引退。現在はブラジルで実業家として活動する傍ら、公式YouTubeチャンネル「闘莉王TV」も話題に。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集