[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • リレー銀を支えた日本のバトン技術 “必然”だった37秒台

リレー銀を支えた日本のバトン技術 “必然”だった37秒台

陸上男子400メートルリレーで過去最高の銀メダルに輝いた日本。チームがこだわってきたのが、バトンを受け渡すテイクオーバーゾーン(20メートル)に前後10メートルを加えた合計40メートルのタイムを3秒75以内にすることだった。

20160824_japan-rela

400メートルリレーで初の銀メダルに輝いた日本

 陸上男子400メートルリレーで過去最高の銀メダルに輝いた日本。チームがこだわってきたのが、バトンを受け渡すテイクオーバーゾーン(20メートル)に前後10メートルを加えた合計40メートルのタイムを3秒75以内にすることだった。北京五輪で初の銅メダルを獲得した時と同じ目標で「バトン効率」を追求し、快挙につなげた。

 メダルの手応えは感じていた。バトンが効率よく渡っているか、その指標となる40メートルのタイムが「練習で3秒6台を連発していた」(土江寛裕短距離副部長)からだ。北京銅メダルメンバーが目指した設定タイムをクリアできれば、100メートル10秒01の桐生、同10秒05の山縣らの走力で37秒台は間違いない水準だった。

 日本の代名詞と言えるアンダーハンドパスにも改良を加えてきた。当初は互いが接近して渡し、バトンミスを減らすのが目的だったが、現代表は腕を伸ばして利得距離(バトンを渡すことで走らなくてもすむ距離)を稼ぐ応用もきかせていた。第2走者の飯塚が「渡してくれると信じて思い切り出られた」と言うように、バトン精度が高いことで各走者の出足も良くなった。緻密なバトンが五輪銀メダルをもたらした。

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー