[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ラグビーW杯日程決定 試合順、試合間隔、開催場所が日本代表への追い風となる理由

ラグビーワールドカップ(W杯)2023年フランス大会の試合日程が26日に発表された。すでに日本代表のプール(1次リーグ)D組での対戦相手は、イングランド、アルゼンチン、オセアニア地区1位(未確定)、アメリカ地区2位(同)と決まっていたが、前回の日本大会でのベスト8を超える4強以上に食い込むためには、試合日程や自分たちと対戦相手の試合間隔、そして試合会場なども重要な要素になる。1999年の第4回大会以降の全ての大会を現地取材してきた経験を基に、確定した試合日程、開催地が、ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)率いる日本代表のチャレンジにどう影響するのかを考える。(文=吉田宏)

前回の日本大会でのベスト8を超える4強以上を目指す【写真:Getty Images】
前回の日本大会でのベスト8を超える4強以上を目指す【写真:Getty Images】

1999年以降の全大会を取材する吉田宏記者のコラム、日程発表から代表への影響を考察

 ラグビーワールドカップ(W杯)2023年フランス大会の試合日程が26日に発表された。すでに日本代表のプール(1次リーグ)D組での対戦相手は、イングランド、アルゼンチン、オセアニア地区1位(未確定)、アメリカ地区2位(同)と決まっていたが、前回の日本大会でのベスト8を超える4強以上に食い込むためには、試合日程や自分たちと対戦相手の試合間隔、そして試合会場なども重要な要素になる。1999年の第4回大会以降の全ての大会を現地取材してきた経験を基に、確定した試合日程、開催地が、ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)率いる日本代表のチャレンジにどう影響するのかを考える。(文=吉田宏)

【注目】日本の闘将が“遠藤の後継者”に指名 川崎22歳の芸術弾に闘莉王氏「簡単じゃない」

 ◇ ◇ ◇

 2年後の熱気が思い浮かぶような、心躍る大会スケジュールが明らかになった。

 ラグビー生誕200年となる9月8日、ホスト国フランス代表とニュージーランド代表オールブラックスの激突で幕を開けるラグビーの祭典。日本代表も、楽しみな試合日程が組まれることになった。

 4強入りを狙う第一歩となる日本の第1戦は、開幕戦の2日後。アメリカ地区2位との対戦だ。まだ出場国は未確定だが、日本代表首脳陣はカナダ、もしくはウルグアイと想定している。その後、中6日で当たるのがプール戦最強の相手と考えられるイングランド。そして中10日でサモアもしくはトンガが予想されるオセアニア地区1位。中9日で迎えるプール最終戦が、イングランドに次ぐ強豪アルゼンチンとの対決だ。

 この対戦順を見て、直ぐにお気付きの方もいるのではないだろうか。開幕戦で勝利がマストの下位チームと対戦して、2戦目でプール戦最強チーム、そして最終戦でナンバー2と戦う流れは、2019年大会と酷似しているのだ。日程を知った日本代表FLリーチ・マイケル(東芝)は、試合日程の印象を、こう語っている。

「(2019年大会から)2大会連続で、2試合目に非常に大きな試合がある。1試合目がアメリカグループのチーム、2戦目はイングランド。準備の面は、前回大会と一緒という感じだと思う。1試合目がとても大事で、2試合目も大事。まず1試合目に勝つことが大事ですね」

 日本代表が躍進した2年前は、初戦でロシア、2戦目でプール戦最強のアイルランド、そして最終戦で2番手のスコットランドと戦い、勝ち抜いて歴史的なベスト8進出を掴み取った。今回の日程決定直後に取材に応じた藤井雄一郎・日本代表ナショナルチームディレクター(NTD)も、この対戦順には表情を緩めた。

「なんとなく(日程の)感じが前回と似ている。(前回の)スコットランドに勝たないといけないというプレッシャーも含めて、気持ちの持っていきかたを経験しているから、そういう意味では一番いい並びだったんじゃないかと思います。(中略)前回同様の調整の仕方でいいのかな思うので、コーチ陣はすごくやりやすいでしょう」

 つまり、2戦目のイングランドを最大のターゲットとして挑み、最強の相手と渡り合うことでチームに自信と勢いをつけて、最終戦で決勝トーナメント進出をかけた相手を倒すというシナリオが、2大会連続で描かれることになる。藤井NTDが「もちろん、やるからには勝ちにいく」と明言するイングランドへのチャレンジと、アルゼンチンからのマストウインというストーリーが、この日程決定で浮上した。

1 2 3 4

吉田 宏

サンケイスポーツ紙で1995年からラグビー担当となり、担当記者1人の時代も含めて20年以上に渡り365日欠かさずラグビー情報を掲載し続けた。1996年アトランタ五輪でのサッカー日本代表のブラジル撃破と2015年ラグビーW杯の南アフリカ戦勝利という、歴史に残る番狂わせ2試合を現場記者として取材。2019年4月から、フリーランスのラグビーライターとして取材を続けている。長い担当記者として培った人脈や情報網を生かし、向井昭吾、ジョン・カーワン、エディー・ジョーンズら歴代の日本代表指導者人事などをスクープ。ラグビーW杯は1999、2003、07、11、15、19年と6大会連続で取材。

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集