[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

佐藤琢磨、インディ500制覇の裏にあった絆 名エンジニアが語る「最高のはなむけ」とは

8月に行われた米国伝統の自動車レース、インディアナポリス500マイル(インディ500)で、日本人初優勝の2017年以来2度目の制覇を果たした佐藤琢磨(ホンダ)。新型コロナウイルスの影響で無観客開催となったため、恒例のビクトリーランは行われなかったが、チームスタッフらと喜びを分かち合う姿があった。そんな光景を感慨深い思いで見つめていたのが、今季終了後に引退した名エンジニアのエディー・ジョーンズ氏。シーズン後に電話インタビューに応じた同氏はインディ500制覇と、3年間ともに戦った佐藤への思いを語ってくれた。

2019年のレースで佐藤琢磨と話し合うエディー・ジョーンズ氏(左)【写真:岡田弘太郎】
2019年のレースで佐藤琢磨と話し合うエディー・ジョーンズ氏(左)【写真:岡田弘太郎】

コンビを組んだジョーンズ氏が佐藤への想いを語る

 8月に行われた米国伝統の自動車レース、インディアナポリス500マイル(インディ500)で、日本人初優勝の2017年以来2度目の制覇を果たした佐藤琢磨(ホンダ)。新型コロナウイルスの影響で無観客開催となったため、恒例のビクトリーランは行われなかったが、チームスタッフらと喜びを分かち合う姿があった。そんな光景を感慨深い思いで見つめていたのが、今季終了後に引退した名エンジニアのエディー・ジョーンズ氏。シーズン後に電話インタビューに応じた同氏はインディ500制覇と、3年間ともに戦った佐藤への思いを語ってくれた。

【特集】「音」が握る勝負の鍵 静寂から生まれる熱い攻防・ゴールボールの魅力とは / ゴールボール・小宮正江選手、欠端瑛子選手、浦田理恵選手インタビュー(GROWINGへ)

 インディ500は、今振り返っても見事な勝利だった。予選から速いマシンを作り上げ、最前列の3番グリッドを獲得すると、決勝では今季6度目のインディカー年間王者に輝いたスコット・ディクソン(ニュージーランド、ホンダ)に対し、終盤勝負を仕掛けて逆転勝利を収めた。

 車のセッティング、戦略、ピットストップなどすべての歯車がかみ合った。そんな中で、同氏は最大の勝因に佐藤のレースマネジメントを挙げる。

「全てがうまくいったレースだった。その中でも琢磨のレースマネジメントは見事だった。スティント毎に微調整を繰り返し、しっかりとコントロールできていた。タイヤの消耗度を含め、どの程度の調整が必要なのかを細かくチームに伝達してくれたので終盤に向けて準備を整えることができた。インディ500を勝つために必要な手順をすべて踏めたのは間違いないが、最終的には琢磨がミス無く、完璧な準備をして勝利をたぐり寄せた」

 また同氏は、レース直後に一部で出た「最後に燃料切れになっていたのでは?」という疑問についても「まったく問題ではなかった」と完全否定する。佐藤は158周目直前にディクソンを捉えると、残り15周で再びトップに立った。最後の5周は事故のためイエローフラッグが出て追い抜き禁止の徐行となり、トップのまま勝利をつかんだ。

「終盤にディクソンを一度抜いたときに、我々の方が速いことを確認できていた。最後の数周をフルパワーで走り抜けられる計算だった。それに周回遅れのマシンを抜く際にストリームを利用することで燃料をセーブすることもできていた。残り10~12周辺りでわれわれはすでに勝利を確信していたんだ」と、同氏は狙い通りの逆転勝利であったことを強調。「レース後、ディクソンも敗北を認めていた。誰もが我々の勝利に納得していた」と明かした。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集