[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本ラクロス界はどう進化していくのか 成長戦略発表会を支える「挑戦の心」

日本ラクロス界が目指す方向性を決める「開拓者精神」と「挑戦の心」

 2021年に予定される具体的な取り組みに加え、ラクロス界は今後、どういった方向性を目指すのか。その背景にあるのが、日本ラクロス界が持つ「開拓者精神」であり「挑戦の心」だという。日本におけるラクロスの競技人口は約1万7000人。ラクロスはカレッジスポーツとしての側面が強く、競技者の大半は大学からスタートしている。そこで発表会では、ラクロスの競技者は何か新しいものを面白がれる人、変化を厭わない人であると仮定。そのラクロス特有の価値が今後のカギを握るとした。

【注目】私が「通信制高校」を選択したワケ 畑岡奈紗が送る、進路に悩むジュニアへの言葉

 これを踏まえた上で「Small Government」「Lacrosse As a Life.」「世界大会の招致検討開始」という「3つの構想」を発表。コンパクトかつオープンな協会を目指し、ラクロス界が仲間内だけの集まりにとどまらず、広く社会と交流することを目指しながら、ラクロスと触れ合った人々の人生を豊かにする「学びのプラットフォーム」の構築を検討するとした。さらに、2025年女子世界大会、2026年男子世界大会の日本開催招致に向けて、具体的かつ本格的に取り組むことも発表した。

 成長戦略を掲げた日本ラクロス界が、ここからどれだけ目標を達成していけるのか。新たな取り組みには、ラクロス界内はもちろん、外部からも注目が集まりそうだ。

(THE ANSWER編集部・佐藤 直子 / Naoko Sato)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集