[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁、ルーキーイヤーの本当の評価 他チームベテランの声「過小評価されている」

米プロバスケットボール協会(NBA)のウィザーズは13日(日本時間14日)、セルティックスとの今季最終戦を96-90で勝利し、フロリダ州オーランド近郊で集中開催されたプレーオフ進出を懸けたシーディングゲーム8試合を1勝7敗で終えた。この一戦を欠場した八村塁のルーキーシーズンも終了。48試合に出場して1試合平均13.5得点、同6.1リバウンドの数字が残った。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、中断を挟んだ異例のシーズン。昨年10月23日にデビューを飾ってから10か月近く経っていた。八村は「無事終わったことに感謝して次のシーズンに向けて頑張りたい。色々と学べたのでこの1年やったことが役に立つと思う」と振り返った。

ルーキーシーズンを終えたウィザーズの八村塁【写真:AP】
ルーキーシーズンを終えたウィザーズの八村塁【写真:AP】

シーズン再開後、エースを務めて見えた課題と可能性

 米プロバスケットボール協会(NBA)のウィザーズは13日(日本時間14日)、セルティックスとの今季最終戦を96-90で勝利し、フロリダ州オーランド近郊で集中開催されたプレーオフ進出を懸けたシーディングゲーム8試合を1勝7敗で終えた。この一戦を欠場した八村塁のルーキーシーズンも終了。48試合に出場して1試合平均13.5得点、同6.1リバウンドの数字が残った。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、中断を挟んだ異例のシーズン。昨年10月23日にデビューを飾ってから10か月近く経っていた。八村は「無事終わったことに感謝して次のシーズンに向けて頑張りたい。色々と学べたのでこの1年やったことが役に立つと思う」と振り返った。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 シーズン再開後は大黒柱のブラッドリー・ビールと、1試合平均得点チーム2位のデイビズ・ベルターンズが欠場し、同3位の八村が攻撃のファーストオプションに繰り上がった。結局、八村がエースとして出た試合は練習試合を含め、10戦全敗。チームに勝利をもたらすことはできなかったが、22歳にとっては貴重な経験となった。

 プレーオフ進出を懸けた大一番で新人がエースの役割を任されること自体が異例のこと。ブルックス監督も「ルーキーがファーストオプションとしてプレーするのは珍しいことだ。シーディングゲームでは彼の役割はこれまでと大きく違っていた。そんな状況でも得点を稼ぎ、よくやっていた」と評価した。これまで以上に厳しいマークを受け、ボールを持つと複数選手に囲まれる。得点が2桁に届かない試合もあった。それでも、最後の3戦連続で2桁得点をクリアし、7試合中、20得点以上を3度記録。プレーオフ進出を争う中での成績だけに価値がある。

「(シーズン再開後は)相手のマークも厳しくなったけど、その中でどうプレーできるかが大事だと思っていた。自分のキャリアのためにも色々といいことが学べた」と手応えを得たようだった。

 実際、シーディングゲームでのウィザーズの苦戦とは対照的に、八村の評価は高まった。レイカーズのベテラン、ジャレッド・ダドリーは「最も過小評価を受けているルーキーの一人。カワイ(レナード)と似ている部分が多い。4番のポジションで3番のプレーをしている。成熟していてタフでアグレッシブ。将来スターになる可能性がある」とツイート。パワーフォワードのポジションで、スモールフォワードのような機動力と得点力を持つ才能を高く評価した。また、ビールも米メディアに「将来的に3番でプレーすることになるのでは」とスモールフォワードとしての可能性に着目し、3点シュートの改善を来季のテーマに挙げた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集