[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁、ルーキーイヤーの本当の評価 他チームベテランの声「過小評価されている」

3Pシュートの改善がさらなる成長を後押し

 課題に挙げていた3ポイントシュートは自粛期間中に、より曲線的な軌道で放つように練習を積んだという。そんな中、11日の強豪バックス戦は収穫の多い試合だった。シーズン再開後の序盤戦では打つのをためらう場面も多く見られたが、11日の試合では「キャリアで一番多いと思う」という9本の3ポイントシュートを放った。成功は3本だったが、リズムよく積極的に打てたのは収穫。八村も試合後、「コーチからも3ポイントを打っていけば僕のやりたいスペースがもっと出てくると言われていた。相手が警戒すれば自分はドリブルもできるし、(他のプレーが)生きてくる」と手応えを感じ取っていた。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 来季、ビールとジョン・ウォールという2枚看板が戻れば、八村への負担は減り、プレーしやすくもなるだろう。「3ポイントを打つタイプではないけれど、チーム状況や今のNBAの流れとしては打てないと生き残れない。ジョンやブラッドが帰ってきたらオープンスペースが出てくると思うので、もっと決められるようになりたい」と八村。3ポイントシュートを打つことでスペースが生まれ、自分の攻撃の幅を広げる助けにもなる。守備とともに、3ポイントシュートの改善がさらなる飛躍のために重要な要素となりそうだ。

 日本人初のドラフト1巡目指名で入団した八村の1年目は、新型コロナウイルス感染拡大によるシーズン中断があり、その間には人種差別問題で全米で抗議運動が起きるなど、激動だった。試合中の不運なけがによる約1か月半の離脱はあったものの、出場した試合全てに先発出場し、主力として活躍。日本からはもちろん、地元メディアからも大きな関心を集める中、八村は終始落ち着いていて、やるべきことに集中できているように見えた。

 ブルックス監督が「彼を誇りに思う。バスケットボールIQが高く、集中力も抜群。成長を見ることができたし、前向きな要素が多かった」と振り返れば、チームメートのイシュ・スミスも「得点機会を作り出す能力があり、シュートを決めきることもできる。優れた要素をいくつも持っている」と称賛。周囲は22歳の才能と伸びしろに大きな可能性を感じ取った。何より、将来のチームに不可欠な存在であることを証明できただけでも、ルーキーイヤーは十分に成功だったと言えるのではないだろうか。

 フロリダ州での約1か月に及んだ隔離生活を終えた八村は、本拠地のワシントンDCに戻ってから一番にやりたいことを聞かれ、次のように答えた。

「日本食も食べたいし、まずはゆっくりしたい」

 通常のルーキーが経験するよりも長くて、はるかに濃密だった八村の1年目は将来への期待感を抱かせて、幕を閉じた。

(岡田 弘太郎/Kotaro Okada)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集