[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「才能が伸びる人と伸びない人の差」 ハンド宮崎大輔×BMX内野洋平の「No.1の哲学」

異色の“スポーツ界トップ対談”が実現した。ハンドボールの宮崎大輔とBMXの内野洋平が「THE ANSWER」でオンライン対談を実施。互いの競技でトップに君臨し、培ってきた「No.1の哲学」について明かした。

オンライン対談を行った宮崎大輔(左)と内野洋平【写真:編集部】
オンライン対談を行った宮崎大輔(左)と内野洋平【写真:編集部】

「ハンドボール宮崎大輔×BMX内野洋平」、異色のスポーツ界“No.1対談”前編

 異色の“スポーツ界トップ対談”が実現した。ハンドボールの宮崎大輔とBMXの内野洋平が「THE ANSWER」でオンライン対談を実施。互いの競技でトップに君臨し、培ってきた「No.1の哲学」について明かした。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 39歳の宮崎は日本リーグで前人未踏の通算900得点を記録。最高殊勲選手のほか、ベストセブン賞6度、フィールド得点賞4度など数々の輝かしい実績を残し、強豪・スペインで海外挑戦した経験を持つ。抜群の身体能力を武器にして、TBS系人気番組「スポーツマンNo.1決定戦」で3度の優勝を誇るなど知名度を誇り、ハンドボール界の第一人者として普及・発展に貢献してきた。

 一方、37歳の内野もBMXの第一人者として、長年活躍しているプロライダー。22歳で史上最年少の日本チャンピオンになると、以降は08年で初優勝した世界選手権などの国際舞台で活躍し、世界タイトルを11度獲得した。世界No.1に君臨し続け、「UCCHIE」の愛称で海外ファン熱狂させるカリスマ。無限に回り続ける回転技「ウッチースピン」は、世界共通のトリックである。

「ハンドボール×BMX」という異色の組み合わせだが、ともに日本でトップを走り続け、プライベートでも親交が深い2人。そんな両雄だからこそ共鳴する思いをぶつけた。前編は互いに受ける刺激、センスの磨き方、伸びる人と伸びない人の差について。

 ◇ ◇ ◇

――今日はよろしくお願いします。異色の組み合わせのお二人ですが、最初の出会いと当時の互いの印象を聞かせてください。

宮崎「ウッチーとは同じ事務所だけど、古株だよね。俺が先で、ウッチーが入ってきたのは10年くらい前だったかな。当時から世界で戦っているイメージが強く。世界チャンピオンは何回だっけ?

内野「大きな声じゃ言えないけど……11回です(笑)」

宮崎「ホントに? すごいなあ。出会ったのは1、2回くらいの時だったけど、もう世界チャンピオンになっていたので。特に、俺らの世代はBMXとスケートボードが中高生の時に流行って、俺もBMXにトレーニングで乗っていた。『そんな世界でトップにいるって凄いな』と思っていたかな。ウッチーはどうだった?」

内野「当時はアスリートに特化した事務所で、その形を作った先輩で、名前も知られていたので『アスリートの鑑みたいな人なのかな』と思いきや、めちゃくちゃふざけている人(笑)。でも、家族みたいな事務所で、初めて会った忘年会の時も一番名前が売れている人なのに、積極的に空気を作ってくれていた。酔っぱらうと陽気で盛り上がる半面、スーパーアスリートの面もあり、思っていたイメージそのまま、めちゃくちゃ自分に厳しくトレーニングしていますよね。

 年は僕と1つしか変わらないけど、僕より下からの突き上げが凄いんだろうなと。若い世代がどんどん出てくる。僕は、下から伸びてくるヤツより、同世代のヤツらの方が強烈なライバルが多いし、僕らの競技はどちらかというとアートみたいな側面があり、ワインみたいに年々熟成されていくもの。ハンドボールは身体能力がもろに影響するので、大輔君の方が大変だろうなと思う。でも、表ではそんな部分を出さず、僕らを大切にしてくれる兄貴分な感じですね」

宮崎「下からの突き上げはかなりあるけど、若い時はがむしゃらな勢いで良かったよね。足をひねっても走っていれば治るよ、みたいな(笑)。もちろん、努力も必要だけど、今はひらめきも大切にしていて、他の競技から考えを取り入れて、もっとこうしてみようとか、そういう考えは他の選手と比べたら多いかな。他競技の、それこそウッチーの話を聞くと、ひらめきが生まれて、よりハンドボールに熱中できた。いつも中心に競技を置いて、昔より勢いはなくなったけど、その分、考えられるようになったね」

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集