[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

逆風のスポーツメディアで存在感 コロナ禍で支持を集める「DAZN」の戦略

世界的に感染が広がっている新型コロナウイルス。様々な産業に影響をもたらし、スポーツ界ではあらゆるイベントが中止、延期に追い込まれた。影響を受けたのは、選手たちの真剣勝負が生み出す感動と興奮を伝えてきたメディアも同じ。試合自体がないため、伝えるコンテンツがない。そんな逆風を乗り越え、スポーツファンの支持を集めているのが「DAZN(ダゾーン)」だ。

24日からバルセロナ時代のイニエスタの試合を配信する【写真:Getty Images】
24日からバルセロナ時代のイニエスタの試合を配信する【写真:Getty Images】

「Re-LIVE」など独自企画を展開、DAZN担当者に聞いた“コロナ禍の舞台裏”

 世界的に感染が広がっている新型コロナウイルス。様々な産業に影響をもたらし、スポーツ界ではあらゆるイベントが中止、延期に追い込まれた。影響を受けたのは、選手たちの真剣勝負が生み出す感動と興奮を伝えてきたメディアも同じ。試合自体がないため、伝えるコンテンツがない。そんな逆風を乗り越え、スポーツファンの支持を集めているのが「DAZN(ダゾーン)」だ。

【PR】北澤ジュニアも驚いた! 「Re-LIVE」「キャプテン翼」など独自企画で話題…今なら初月無料の「DAZN」入会方法はこちら

 16年に日本に参入したスポーツチャンネルは新型コロナ禍により、野球、サッカー、F1など、事業の柱となる「ライブコンテンツ」が軒並み、配信中止に。しかし、多くの映像系メディアに先駆け、独自のコンテンツを次々に配信し、ファンの心を掴んでいる。なぜ、こうした的確かつ迅速な展開が可能だったのか。同社のコミュニケーション&PR部の松岡けい部長に話を聞いた。

「ライブスポーツがない状況は厳しくもありましたが、私たちなりに知恵を絞り、何らかの形でスポーツファンの皆さんにコンテンツを届けられるよう、試行錯誤しながら努めています。世界的な影響にあるので、どこも同じ状況。この難しい場面をいかに乗り越えるかを各競技団体ともご相談させていただきつつ、安全を第一に考慮しながら、できる限りのことをやっています」

 こう振り返った前例のない試み。DAZNも働き方に変化を強いられていた。同社は2月末からリモートワークを導入。1週間ごとなど期間を区切りながら行い、都や政府の方針に従い、全社的な在宅作業に移行した。出社は、放映・配信などオフィスでしか作業できない部門に限られ、会議はオンライン上で行うなど、制限は少なくない。そんな中で3月中に最初の企画をリリースした。

 国内外で絶大な人気を誇るサッカーアニメ「キャプテン翼」の最新作を同25日から配信。1日2話ずつ、全52話を届けた。

「各競技、シーズンオフがあるので、その間にノンライブコンテンツも力を入れて展開しており、その流れで『キャプテン翼』を早い段階で配信をスタートすることができました。もともとは東京五輪が行われる夏にJリーグ、プロ野球が2、3週間休止するので、その期間でこういったコンテンツを届けられたらと準備していたんです。こういう状況になり、それだったら前倒しをして、この時期に配信しましょうと、(作者の)高橋陽一先生にもご協力いただき、いち早くお届けできることになりました」

 当時は全国的に休校が広がっている最中。本来は東京五輪のために用意してきた企画も大胆なスケジュール前倒しに打って出た。そして、もう一つ、4月に入って配信しているのが「Re-LIVE」だ。過去のスポーツの名勝負を選んで配信。サッカーではJリーグ、プレミアリーグ、スペインリーグ(ラ・リーガ)、欧州チャンピオンズリーグ(CL)など、国内外のコンテンツを届けている。

「日々状況が変わる中で、お客様が何を求めているのか、ソーシャル(SNS)の声などを重視していくと『過去の試合を見たい』という声を拝見していました。そこから、月曜にF1、水曜は欧州CL、金曜はラ・リーガ、土曜はJリーグ、日曜はプレミアと、毎回19時からの配信で、なるべく毎日何かがあるという形でスケジューリングして、コンテンツを届けるようにさせていただきました」

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集