[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

急速に感染拡大のブラジル 闘莉王氏がコロナ禍で実感、日本との“文化の違い”とは

元サッカー日本代表の田中マルクス闘莉王氏は、2010年に南アフリカワールドカップで日本代表の16強進出に貢献するなど輝かしい実績を残し、昨季限りで現役を引退。親孝行のため現在はブラジルに戻り、遠く離れた日本の人たちとのコミュニケーションツールとするためにYouTube公式チャンネル「闘莉王TV」と公式インスタグラムを立ち上げた。闘将はこのたび「THE ANSWER」の単独取材に応じ、新型コロナウイルスの初感染者が出てから55日間で感染者4万人以上、死者2500人以上と被害が拡大しているブラジルの現状を危惧。日本の「3つの文化」の素晴らしさを改めて称賛している。

田中マルクス闘莉王氏【写真提供:闘莉王TV】
田中マルクス闘莉王氏【写真提供:闘莉王TV】

ブラジル生活で改めて感じる日本の清潔さ「そういう根本的な部分は大きいと思う」

 元サッカー日本代表の田中マルクス闘莉王氏は、2010年に南アフリカワールドカップで日本代表の16強進出に貢献するなど輝かしい実績を残し、昨季限りで現役を引退。親孝行のため現在はブラジルに戻り、遠く離れた日本の人たちとのコミュニケーションツールとするためにYouTube公式チャンネル「闘莉王TV」と公式インスタグラムを立ち上げた。闘将はこのたび「THE ANSWER」の単独取材に応じ、新型コロナウイルスの初感染者が出てから55日間で感染者4万人以上、死者2500人以上と被害が拡大しているブラジルの現状を危惧。日本の「3つの文化」の素晴らしさを改めて称賛している。

【特集】「自分がそこで負けないこと」なでしこジャパンで立つ“夢舞台”へ秘める闘志 / サッカー・清水梨紗インタビュー(GROWINGへ)

 ブラジルで新型コロナウイルスの感染者第一号が報告されたのは2月26日だった。イタリアからサンパウロ空港に帰国した60代の男性の感染が明らかになったが、これが南米での初のケースだった。

 すると、3月中旬から感染が拡大。感染者は4万581人、死者2575人(在ブラジル日本大使館公式サイト発表)と一気に事態は悪化した。

 ブラジルで初の感染者が出る以前から、日本ではクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」での感染拡大が社会問題となっていた。「自然災害もあった。神様は日本に試練を与えすぎると心配していた」という闘莉王氏だが、ブラジルでは一気に状況が悪化。感染者と死者の数は世界でそれぞれ11番目になってしまった。日本との違いを実感しているという。

「ブラジルに戻ってから、改めて感じるのは日本のキレイさ。とにかく清潔で衛生的。道路にゴミもない。ブラジルから友達を呼んだ時も、日本のキレイさにみんな驚いていた。新型コロナの感染に関しても、そういう日本の根本的な部分は大きいと思う」

 ブラジルではリオデジャネイロ州やサンパウロ州などで外出禁止令が出されているが、17日には1日で3000件以上の新型コロナ陽性が国内で確認されるなど、感染拡大のスピードは衰えを見せていない。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集